”声とココロとカラダの関係” | 声楽家・ボイストレーナー・ヨガインストラクターささきひろ子

声楽家・ボイストレーナー・ヨガインストラクターささきひろ子

声楽家・ボイストレーナー・ヨガインストラクター
全日本合唱コンクール全国大会金賞団体のボイスコーチを担当。
声の指導実績は500人超。過去日本人では約30人しかいない世界青少年合唱団
world youth choir日本代表、2004年日本公演に唯一の日本人として出演。

こんばんはウインク

声楽家・ボイストレーナー・ヨガインストラクターのささきひろ子ですカエル


さて先日叫び系ボイトレ『ボイスリリースセラピー』を受けてくださった、人気ブロガーのEmmaさん。


素敵な感想のブログ書いてくださいました


『声を出すことは、

内に秘めているエネルギーを放つことでもある。

 

 

意識的に声を出すこと、

普段使っていない声色を使うことで、

 

 

自分でも気付いていない、

怒りや悲しみ、怖さ、自信のなさ、

キライ、イヤだ、

などのネガティブな感情や、

 

自分がまだ知らない

自分の強さや優しさ、

未知の開放感や可能性とつながれる。

 

 

喉(第5チャクラ)には

たくさんの記憶が詰まっていて、

 

その記憶が、

今の自分の声の出し方に

影響していたりする。

 

 

声とココロの関係には

以前から興味をもっていたんだけど、

 

昨日初めて知ったのは、

声とココロ、にプラスして、

カラダもつながっている、

ということ。

 

 

ココロがすごく喜んでいるのに、

声が平淡なままだったり、

カラダが棒立ちのままだったら、

 

表現してもらいたかった感情が、

満たされないままくすぶってしまう。

 

 

そしてどんどんねじれていくんだよね。

 

 

声と、ココロとカラダ。

全部で同じ方向を見る。

 

それだけで、

すごい生命力が湧いてきます。

 

 

 

仕事を変えなくても、

環境を変えなくても、

自分らしく生きることはできる。

 

 

 

そのひとつが、

 

声もココロもカラダも表情も、
全部を惜しみなく使って
自分の感情を表現すること』


詳しくはEmmaさんのブログを!

抱腹絶倒、愛のこもった、しかしながらクスッとせずにはいられない、面白いブログ。私も愛読者です


ちなみに実物のEmmaさん、

とっても素敵で面白く男前仲間なんですが、

近々このようなイベントされるみたいですよ!


願いを叶えるミラクル手帳活用術


【日時】

11月27日(日)

13時 16時

http://s.ameblo.jp/four-beauty/entry-12207561510.html

かなり面白いと思います!ぜひー!