午後3時、ふと気がつくと

 

なんだか今日はとても

 

悲しい気持ちにとらわれている。

 

『 あれ? どうしたんだろう? 』

 

と、自分に訊いてみる。

 


『 今朝はとてもいい気持ちで

 

目が覚めたのに何かあった?

 

いつから悲しい気持ちになってた?』

 

 

そして振り向いてみると、

 

『 あ〜、あれか〜 』

 

と思い当たることがあったりします。

 

 

 

朝電車の中でみた親子の会話だったり、

 

友達からかかってきた電話だったり、

 

朝見たニュースだったり。

 

 

そのきっかけは色々です。

 

 

またはその小さな出来事があった

 

瞬間から強い感情にすっかり

 

とらわれていることもあるでしょう。

 

 

その背景には幼い頃の経験とか

 

潜在意識に眠っている何かに

 

ピピッと響いたことも

 

あるかもしれません。

 

 

全然イライラしてなかったのに、

 

職場に着いてから

 

ちょっと問題があって、

 

みんながイライラしてきて、

 

影響されていくこともあります。

 

 

怒り、イライラ(不満)、悲しみ、

 

恐れなどはとても伝染しやすい感情です。

 

 

もちろん喜びも伝染します。

 

 

 

先日の記事で、

 

6つの線引きについて書きました。

 

 

HSPのあなたの人生が

 

心地よい方向へ大きく変わる

 

6つの線引きです。

 

1)人の感情と自分の感情

 

2)人と自分の責任範囲

 

3)人のニーズと自分のニーズ

 

4)心からしたいこととそうでないこと

 

5)仕事とプライベート

 

6)自分に変えられることとそうでないこと

 

些細なことにもすぐ気がつく

 

HSPのあなたは、おそらくもう

 

上の6つの領域には

 

重なり合う部分も多く、

 

 

リンゴを6つに切るように

 

簡単には分けられないことに

 

気が付いていると思います。

 

 

たとえば 5)の仕事とプライベート

 

線引きがうまくできないと、

 

2)の責任範囲にも当然影響します。

 

1)の感情にも当然影響します。

 

結局はどの分野の線引きも

 

他の分野の線引きに

 

関わらざるを得ないのです。

 

 

とはいえ線引きが苦手な人

 

線引き上手になって、

 

自分の正直な願望・欲求、

 

”内なる声”をみつけていくには、

 

 

引き出しの中ひとつずつ

 

整理していくように、

 

こういった分類をしてみるのが

 

思いの他、ものごとをすっきりと

 

解決するのに役立ちます。

 

 

今日はまず、感情の線引きについて。

 

 

あなたはそばに不機嫌な人がいる時、

 

なんだか落ち着かなくなって

 

なんとかしたいと思いますか?

 

 

その不機嫌さ

 

すぐ自分の中に入ってきて

 

いっしょに不機嫌になりますか?

 

 

 

しんでいたりしんでいる人が

 

いると、なんとかしてあげようと

 

相当な苦労をしたり遠回りしてでも

 

相談にのったりしますか?

 

 

いっしょになって悲しくなったり

 

辛くなったりもしますか?

 

 

共感力の強いHSPには

 

とてもとてもありがちなことです。

 

 

頼まれてもいないのに、

 

先回りしてあれこれ人のことを

 

心配してしまいかすか? または

 

口出ししたくなりますか?

 

 

 

もちろん、人は誰しも周りの影響

 

全く受けないで生きていくわけには

 

いきません。

 

 

楽しそうにしている人と時間を

 

過ごせば誰だって気分があがります。

 

 

機嫌の悪い人がいると

 

周りはどうしても

 

ギクシャクしてきます。

 

 

けれどどんな場面でも

 

人の感情に振り回されず

 

自分の軸を保てる人

 

みんなの気分を引き立てるだけの

 

エネルギーを持っている人も

 

います。

 

 

 

HSPでもHSPでなくても

 

わたしたちが日々の生活の中で

 

感情の線引きができるかどうかは

 

育ってきた環境によるところが

 

大きくあります。

 

 

 

 

あなたは、

 

家族のメンバーがそれぞれ

 

自分の感情を自由に表すことが

 

許されている環境で育ちましたか?

 

 

悲しい時には泣いたり、

 

腹が立ったら、それを

 

(人を傷つけないやり方で)

 

表現したり、それについて

 

オープンに話し合えるような

 

環境で育ちましたか?

 

 

嬉しくないことをされたら

 

それを言うことができましたか?

 

 

自分が感じたままに説明すれば、

 

丁寧に聞いてくれて

 

『 わかった 』

 

『 今度からはこうするね 』

 

などと言ってもらえるような

 

環境がありましたか?

 

 

家族の中にだれか圧倒的

 

決定権支配力

 

持っている人がいて、

 

その人の感情価値観

 

選択決定

 

すべてが動いてきましたか?

 

 

それとも誰かの機嫌を伺いながら

 

薄い氷の上を歩くように

 

周りのみんなが気を使って

 

すべてが運んできましたか?

 

 

 

 

両親またはどちらかの親が

 

感情的に不安定予測不可能な人、

 

機嫌がいつどうなるかわからない

 

いつ怒鳴られるか殴られるか

 

わからないような環境で

 

ビクビクしながら育ちましたか?

 

 

仲が悪かったり、憎み合っていたり、

 

騙しあったり嘘ばかり付き合ってる

 

親の代理戦争をさせられてきましたか?

 

兄弟姉妹の誰かはお父さんの味方、

 

他のだれかはお母さんの味方。

 

 

片方の親に極端な恨みや同情・共感

 

してしまう、など。

 

 

『 そんなこと言うもんじゃない 』 

 

というような、本当のこと・

 

本当の気持ちを言うことが

 

抑制される環境で育ちましたか?

 

 

『 本当のことを言ってはいけない 』 

 

暗黙のうちに信じていましたか?

 

 

 

身の危険を感じないで、

 

自分の感情選択ニーズ

 

表現できない環境で育ったら、

 

あなたが感情の線引きをすることが

 

難しくなってしまったことは

 

十分考えられます。

 

 

そのような環境を作ってしまった

 

当時の大人たちを恨んでも

 

しょうがないのです。

 

 

毒親という言葉もありますが、

 

毒親毒ボスをいつまでも

 

毒親と毒上司として恨むことは、

 

自分に毒を盛り続けることです。

 

 

 

バウンダリーは育てていけます。

 

線引きするやり方を覚えて、

 

身に付けていくことができます。

 

 

バウンダリーが弱い人ほど、

 

バウンダリーを持ちにくい環境に

 

いてはいけません。

 

 

健全なバウンダリーをもてない、

 

または自分のニーズを表現できない

 

毒環境は確かにあります。

 

 

家庭だけでなく、どこにでも

 

あります。

 

毒環境にしかなり得ない

 

グループや職場、団体もあります。

 

 

あなたにできる最高の対処法

 

そこ(毒環境)を去ることです。

 

 

これは、肉体的虐待だけでなく、

 

精神的虐待傾向のある人と

 

恋愛関係婚姻関係にある場合も、

 

ブラックな仕事場、コミュニティ

 

にいる場合も同じです。

 

 

友人関係でも同じです。

 

 

あなたが自分の感情や意見、

 

選択やニーズを表現した時に

 

それを尊重できない人

 

あなたを丸めこもうとする人とは

 

これからもいい関係を保ったり

 

築いていくことは望めません。

 

 

ガスマスクを外したら

 

息ができないような環境からは

 

去るしかないのです。

 

 

どんなに年齢を重ねても

 

そういう環境に

 

自分の身を置くことを

 

許している限り、

 

そういう環境はいつでも

 

何度でも現れます。

 

 

そういう環境で我慢して、

 

あなたのエネルギーを

 

使い果たしても

 

何もいいことはありません。

 

 

もちろん、自分の力で

 

変えられると思うならば

 

『 戦う 』という

 

チョイスもあります。

 

 

感情の線引きが心地よく

 

できるようになる第一歩は、

 

 

『 今わたしが感じている

 

この感情は誰のものか? 』

 

 

Whose feeling is this?
 

 

という当たり前すぎるようで

 

実は結構微妙な問いかけを、

 

冷静に、そして愛情をもって

 

自分に頻繁にしてみることです。

 

 

もう一つの大切な問いかけは

 

『 今わたしは自分自身の感情を

 

もつことを自分に許しているか? 』

 

 

え? そんな面倒臭いこと

 

いちいちするの?

 

 

と感じた人は、もうすでに

 

自分の感情を許せている人

 

自分の感情を遮断している人

 

のどちらかだと思います。

 

 

長くなるので、今日はこの辺で。

 

感情の線引き

 

また続きをお楽しみに。

 

 

線引き(バウンダリーを

 

はっきりさせること)

 

トレーニング次第で

 

やっていけるのです。

 

 

関連記事

 

根拠のない自信

 

英語でアファメーション

 

大きな変化を起こす時

 

ドアマットにならないで

 

Doormat って何?

 

ルートチャクラのバランス

 

”私は私”と言えること

 

もう責めないで



 

 

 

 

今、何位?

人気ブログランキングへ 

 

 

みなさんにHSPチャクラワーク

のことを知っていただきたくて

ブログランキングに参加しています。

応援してくださるとすごく嬉しいです。

 

HSPアンケートにお応えくださった方に、30分の無料HSP相談 をいたします。自分の心地よさを犠牲にせずに、人に誤解されずに、自分の宝をみつけましょう。生きづらさを吹き飛ばして、最高バージョンの自分を開花させましょう。

 

ニューヨークドクター・エレイン・アーロンさんが書いた書籍 ”Highly Sensitive People"日本語訳が出ているので是非読んで見てください。

ささいなことにもすぐに動揺してしまうあなたへ

 

とても感じやすい子のご家族には ”ひといちばい敏感な子” をお勧めします。

 

 

ZOOM で育てるオンライン講座に興味のある方はコチラ 

↓ ↓ ↓  

デジタル&ビジネスアンケート 

 

このアンケートには ”デジタル苦手感”があり、 

それが自分の動きを鈍らせている”、

と感じている方、お応えください。 

 

人生はいくつになっても変えられます。

 

 

ポチッと応援してください♡


人気ブログランキングへ