健全なバウンダリーをもたない

 

いうことは、わたしたちの人生の

 

様々な場面で 幸せになる権利

 

放棄してしまうことです。

 

 

わたしたちはひとりひとり

 

幸せになる権利があります。

 

 

あなたの潜在意識には

 

それがしっかりと

 

育っているでしょうか?

 

 

顕在意識では

 

人はみんな幸せになる権利がある

 

 

と信じていても

 

その、『 みんな 』の中に

 

あなた自身ははいっていますか?

 

 

 

長いこと、自分が幸せになることを

 

怠ってくると、それが習慣に

 

なってしまいます。

 

 

依存症虐待過保護過干渉

 

影の濃い家庭環境で育ってくると

 

この自分の幸せ・自分の権利を放棄

 

してしまう状態に少しずつ、少しずつ、

 

慣れていってしまいます。

 

 

でも、親を責めても

 

なんの意味もありません。

 

親は親でその頃自分が

 

知っている範囲内でなんとか

 

生き延びようと必死だったのです。

 

 

 

自分を責めることにも

 

なんの意味もありません。

 

 

あなたはその家庭環境の

 

中で生き延びてくるために、

 

自分のニーズを隠して生き延びて

 

きたのです。

 

 

その頃の小さかった

 

あなたにはそれしか

 

生き延びるすべがなかったのです。

 

 

だからそんな自分を丸ごと認めて

 

許してください。

 

 

その頃の入り組んだ家庭環境

 

認めて、許してください。

 

 

仮に許せないと思う人でも、

 

自分のために許してください。

 

 

 

そういう難しい状況で


『 自分のニーズを表現することは

 

安全でない 』 と、繰り返し

 

感じてしまったあなたは、

 

ずっと自分のニーズを押し殺して

 

押さえつけて、なんとかかんとか

 

生きてきました。

 

 

でも今は違います。

 

 

大きくなって成人したあなたは

 

そのことに息苦しさを感じています。

 

生きづらさを感じています。

 

 

自分が幸せになる権利

 

放棄した状態が嫌になってきて、

 

なんとかして変わりたい、

 

このままでは生きていくのが辛い 』と

 

感じているはずです。

 

 

 

自分が本当に願っていること

 

隠して、なんとか生きている時には、

 

みんなに合わせてしまいます。

 

 

自分のニーズはいつも後回し

 

 

後回しにし続けているうちに、

 

まるで、引き出しの底の方に

 

絶対誰にも見つからないように

 

大切に隠したもののように、

 

忘れてしまっているのです。

 

 

自分のニーズというものが

 

そこにあることさえ

 

自分で忘れてしまっています

 

 

自分のニーズに光を当てて

 

しっかりと認めて、

 

表現していく

 

作業が必要です。

 

 

自分が求めているものは何か、

 

『 自分はどうしたいのか? 』

 

『 何を食べたい 』

 

『 何を着たい 』

 

『 何をしたい 』

 

『 どんな風にしたい 』

 

毎日の小さな選択全て

 

関して、あなたには

 

本当はこうしたい

 

という好み (preference)

 

ありますね?

 

 

『 何食べにいく?』

 

『 う〜ん、なんでもいいよ 』

 

と言ってしまうことも

 

何度もあったかもしれません。

 

 

 

そういう日常の小さい(ようで

 

大きな)ことから始まって、

 

人生の様々な選択をする場面で、

 

 

あなたは自分の選択・自分の好み

 

きちんと表現できますか?

 

 

あなたの周りの人は

 

あなたの選択好み

 

尊重してくれますか?

 

 

あなたのニーズリスペクトして

 

くれない人ばかり周りにいたら、

 

あなたはこれまで自分のニーズ

 

どれくらいはっきりと伝えてきたか

 

表現してきたか、

 

考えてみてください。

 

 

 

 

これまでそういう表現

 

あまりしてこなかった人が、

 

自分の好みがはっきり

 

伝えられるようになるのは、

 

新しい言語を身につけるのに

 

よく似ています。

 

 

トレーニングすることで、

 

バウンダリーを育てていく

 

ことができるのです。

 

 

 

外国語、特に英語のような

 

思考回路が明確になる語学

 

勉強するのは、

 

そういう思考回路・生きる姿勢

 

身に付けるためにも大きな

 

メリットがあります。

 

 

I deserve to be happy.

 

 

わたしは幸せになる価値がある。

 

私は幸せになるのにふさわしい。

 

 

 

It is OK to express what I want.

 

私が何を望んでいるか欲しているか

 

表現してもいい。

 

 

I am enough.

 

わたしはこのままでいい。

 

(誰かの評価や承認を得るために

 

頑張らなくていい)

 

 

どれも日本語にすると、

 

なんだかもう一つ

 

滑らかではありません。

 

英語でそのまま

 

アファメーションとして

 

使ってみてください。

 

 

わたしたちはひとりひとり

 

幸せになる権利があります。

 

 

『 自分のニーズは大切にされて然るべき 』 

 

という、本来ならば普通の自己肯定感

 

何かの要因でうまく育たなかった場合、

 

 

当然のことですが、

 

 

自分のニーズを表現すること

 

わがままなことのように感じられたり、

 

そうすることで人に

 

嫌われるのではないか、

 

否定されるのではないか、

 

という恐れを抱いてしまいます。

 

 

自分のニーズを表現すれば、

 

それが愛情をもって満たされる経験を

 

赤ちゃんの時、幼少の時に

 

十分していないと、

 

 

ニーズが満たされないという怒り

 

自分の中に向けてしまうようになります。

 

 

この怒りが passive aggressive 

 

(パッシブ アグレッシブ)といわれる

 

『 受動的攻撃性 』となったり、

 

resentment リゼントメント

 

(憤怒)になります。

 

 

そしてそれは

 

うつ傾向の要因になったりもします。

 

 

 

自分のニーズを表現したら、

 

『 きっと嫌われる 』

 

『 どうせ否定される 』

 

というような恐れ

 

あなたの潜在意識の中に

 

今まで深く埋められてきました。

 

 

 

そしてそれは

 

あなたが言葉を

 

話せるようになる前から

 

少しずつ育って

 

しまったものなのです。

 

 

長い時間をかけて

 

しっかりすりこまれて

 

いるのでこれを

 

プログラミング

 

しなおさなければいけません。

 

 

だから一度それを

 

意識できるところまで

 

引っ張り出してきて大掃除を

 

する必要があります。

 

 

コンピューターでいうと、

 

アンインストールして

 

新しいプログラム

 

(ソフト・アプリ)を

 

ダウンロード・

 

インストールするのです。

 

 

自分のニーズを表現することに

 

対する恐れこそ、あなたが

 

健全なバウンダリーを育てることを

 

妨げているブロックなのです。

 

 

 

 

 

 

関連記事

 

根拠のない自信

 

英語でアファメーション

 

大きな変化を起こす時

 

ドアマットにならないで

 

Doormat って何?

 

ルートチャクラのバランス

 

”私は私”と言えること

 

もう責めないで

 

 

 

 

今、何位?

人気ブログランキングへ 

 

 

みなさんにHSPチャクラワーク

のことを知っていただきたくて

ブログランキングに参加しています。

応援してくださるとすごく嬉しいです。

 

HSPアンケートにお応えくださった方に、30分の無料HSP相談 をいたします。自分の心地よさを犠牲にせずに、人に誤解されずに、自分の宝をみつけましょう。生きづらさを吹き飛ばして、最高バージョンの自分を開花させましょう。

 

ニューヨークドクター・エレイン・アーロンさんが書いた書籍 ”Highly Sensitive People"日本語訳が出ているので是非読んで見てください。

ささいなことにもすぐに動揺してしまうあなたへ

 

とても感じやすい子のご家族には ”ひといちばい敏感な子” をお勧めします。

 

 

ZOOM で育てるオンライン講座に興味のある方はコチラ 

↓ ↓ ↓  

デジタル&ビジネスアンケート 

 

このアンケートには ”デジタル苦手感”があり、 

それが自分の動きを鈍らせている”、

と感じている方、お応えください。 

 

人生はいくつになっても変えられます。

 

 

ポチッと応援してください♡


人気ブログランキングへ