すべてのヒトにとって 

 

睡眠はとても大切です。

 

 

HSP(とても敏感な人)

Highly Sensitive Person

 

にとって睡眠は命綱

 

 

 

 

他の80%の人、

 

HSPでない人たち以上に

 

体調も心の調子

 

睡眠が鍵を握っているのです。

 

 

 

多くのHSPが悩むのが

 

不眠うつです。

 

 

HSPがみんなそうなるわけでは

 

ありませんが、

 

敏感な神経のために

 

なりやすい傾向にあることは、

 

目をそらさずにきちんと自覚して、

 

 

そのためのセルフケアをする方が、

 

自分にも周りにも

 

断然優しい生き方ができます。

 

 

自分の傾向を素直に認めると

 

もしもあなたが今生きづらさを

 

感じていたとしても

 

楽しく健やかに生きる指針

 

はっきりと見えて来ます。

 

 

様々な刺激に敏感で

 

神経が高ぶりやすいHSPにとって、

 

眠っている時間は最高の休息時間。

 

 

全ての人にとって睡眠中は

 

肌・髪・爪・内臓・脳など

 

細胞が回復できる時間です。

 

 

元気を取り戻したり

 

蘇生する時間になります。

 

 

 

わたしも30歳でニューヨークへ

 

来てすぐにひどい不眠症になりました。

 

 

昼間の緊張が出るのか

 

真夜中にぴーんと

 

すごい痛みと共に

 

足がつって、

 

目が覚めることが

 

度々ありました。

 

 

今のわたしなら

 

足がつる > マグネシウムが

 

足りてないかも

 

と考えることもできるのですが、

 

当時はそんな知識も経験もなく、

 

ただただ眠れなくて

 

辛いばかりでした。

 

 

その後様々な経過を経て

 

色々なセルフケアの方法を

 

覚えました。

 

 

その中でももっとも大切に

 

しているのはしっかりと

 

睡眠を確保することです。

 

 

心身ともに休まるような眠り

 

確保するためには、

 

何よりも食生活生活習慣

 

大切なのです。

 

 

 

マグネシウムは抗うつ剤より

 

睡眠薬より私たちの心と身体の

 

バランスを摂ってくれます。

 

 

サプリを飲まなくても

 

ちょっとした食生活の工夫で

 

摂取することができて、

 

本当に眠れるようになります。

 

 

今では朝起きた時に、

 

ああ、また朝までぐっすり眠れた

 

と深い感謝の気持ちが湧いて来ます。

 

 

HSPは他の人よりも

 

マグネシウム亜鉛

 

足りなくなりやすいのです。

 

 

これらのミネラル

 

電解質とも呼ばれ、

 

神経系統信号を伝達するのに

 

使われます。

 

 

光や音、味や匂いなどわずかな

 

刺激も感じる、しかもそれを深く

 

処理するHSPにとって

 

亜鉛マグネシウム

 

足りなくなりやすいミネラルです。

 

 

しかもそれが私たちにとっての

 

命綱とも言える睡眠を支える

 

メラトニンの生成にも必要なのです。

 

 

亜鉛マグネシウムが足りないと

 

睡眠を確保できなくなると

 

同時にたくさんの健康上の

 

弊害が出てきます。

 

 

すぐに寝付けない時に

 

不安になって

 

安易に薬を飲むことも

 

薬への依存を起こします。

 

 

依存する心はますます

 

不安を募らせたり、

 

自己肯定感を弱らせてしまいます。

 

 

今毎晩ぐっすり眠れるようになって

 

不眠に苦しんだあの頃を振り返ると

 

『 我慢が足りなかった 』とも

 

思えます。

 

 

次の日にぐったりしていたり

 

仕事に差し障ると嫌だから、

 

または眠れないしばらくの時間が

 

辛くて、

 

すぐに薬を飲んでしまいました。

 

 

今はたまにいつもより

 

目が冴えている日があっても

 

顔や頭、手足のマッサージをしたり

 

耳のマッサージをしていると、

 

すうっと眠ってしまうという

 

自信があります。

 

 

『 大丈夫 』と、

 

自分に言ってあげることが

 

できます。

 

 

 

 

眠れなかったり

 

気分が落ち込んでいる時

 

精神科心療内科に行けば、

 

簡単にうつにされてしまいます。

 

 

睡眠薬抗うつ剤

 

処方されてしまいます。

 

 

昼間しっかり体を使って

 

歩いたり運動することと、

 

 

食生活を根本的に

 

改善することで

 

 

うつにも不眠にも

 

さよならすることが

 

必ずできます。

 

 

自分の心と体は自分で守る

 

 

そう宣言して今日から

 

始めてみましょう。

 

 

 

今何位?

 

もっと多くのみなさんにHSPや

セルフケア、チャクラワークの

ことを知っていただきたくて、

ブログランキングに参加しています。

応援してくださるとすごく嬉しいです。