”ひといちばい敏感な子”

 

ニューヨークの心理学者

 

エレイン・アーロンさんの

 

書かれた本です。

 

 

Highly Sensitive Children

 

を略してHSCとも言います。

 

 

悲しくなる人もいるかも

 

しれませんが知ってください。

 

 

HSCは生まれつきの資質なので

 

大きくなって”治る”とか

 

大きくなってから”なる”ものでも

 

ありません。

 

 

およそ5人に一人くらいの

 

子供達がHSCです。

 

 

十ヶ月の長い間お母さんの

 

お腹の中で守られていた

 

赤ちゃんが外の世界へ出てくる時、

 

敏感な子でなくても

 

それはそれは大きな変化

 

体験するわけです。

 

 

ある種のトラマウマになりうる

 

体験をみんながするわけです。

 

 

HSCの子も大人も外界からの

 

刺激やエネルギー

 

受け取り方が強烈です。

 

 

も、肌触り

 

人から触られることも

 

他の赤ちゃんとは感じ方が

 

違うのです。

 

 

 

 

多分その子はむずがることも

 

泣くことも、夜寝ないことも

 

多いでしょう。

 

 

ダメな子、臆病な子

 

気弱な子、気難しい子、

 

厄介な子、面倒な子。

 

 

言葉が出て説明ができる

 

ようになるまでは特に、

 

周りの大人を不思議がらせます。

 

 

どうしてこの子は、

 

どんなにしても

 

幸せな顔をしないんだろう。

 

 

何をどうしてあげても

 

気に入らないんだろう?

 

 

 

わたしの母もきっと

 

何度も困った思いをした

 

ことでしょう。

 

 

祖父母は早く亡くなって

 

わたしの父と母の周りには、

 

誰も頼れる人がいませんでした。

 

 

きっとむずがって泣く私を

 

どうしていいのかわからず

 

おろおろしたことも多かったの

 

ではないかと想像がつきます。

 

 

寝なくて困った、とも聞きました。

 

 

 

HSPの体と心マインド

 

内側から体験している人には

 

わかると思うのですが、私たちは

 

小さな繊維の感触も気になります。

 

 

チクチクして、痛かったり、

 

かゆくなったり、肌が赤くなったり。

 

アトピーになる子も多いです。

 

 

便秘下痢にもなりやすくて

 

また周りの人を

 

心配させてしまいます。

 

 

もし、今とても敏感で繊細な

 

赤ちゃんを育てながら

 

途方に暮れているお父さん、

 

お母さんがいらしたら、

 

ぜひ、冒頭にあげた本、

 

”ひといちばい敏感な子”

 

ぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

ある意味、HSPHSC

 

豆の上のお姫様、です。

 

 

人が感じられないことを

 

感じてしまいます。

 

 

髪の毛や小さな小さな

 

ホコリが触れても

 

すぐに感じます。

 

体も激しく反応します。

 

 

その鋭い感性は今後も

 

HSCの赤ちゃんが自分を

 

守っていくのに役立ちます。

 

 

おそらく、種の保存のために

 

私たちには使命があるのです。

 

 

ただ、痛い時には痛み

 

深く鋭く感じるので、

 

周りには理解してもらいにくく、

 

言葉が話せるようになるまでも、

 

なってからも、”面倒な子”

 

”うるさい子”にされてしまう

 

可能性が大いにあります。

 

 

こうして、HSCの子供達

 

周りにとっての”難しさ”は

 

言葉が出るようになって

 

からも続きます。

 

 

びくびくしている子

 

気が短い子

 

何もできない子

 

くよくよする子

 

感謝知らずな子

 

 

そうして、だんだんに

 

傷ついていく自己肯定感。

 

 

学校へ行来たがらない子供が

 

いたら、もしかしたら

 

HSPかもしれないことも含めて、

 

どうして学校へ行きたくないのか

 

一緒にみつめてあげてください。

 

 

その子はとても心優しい子

 

細かいことにもすぐ気がついて、

 

a gifted child(とても優れている子)

 

であることも多いのです。

 

 

みんなの中に入っていけない

 

のには理由があるのです。

 

 

HSCの子供にとって、

 

大勢が一緒に放り込まれた

 

従来型の学校教育

 

ストレスの原因以外の

 

何ものでもないかも

 

しれません。

 

 

どうか一人でも多くの大人が

 

HSCのことを理解して

 

辛抱強く、温かく見守って

 

くださいますように。

 

 

今すでに大人になっている

 

HSPのあなたは、

 

自分がHSPだったことを

 

認めて理解したら、

 

よく頑張ったね、と

 

あなたのインナーチャイルド

 

声をかけてあげてください。

 

 

 

HSPを受け入れて 

 

理解するほどに、

 

自分への厳しさも

 

和らいでいきます

 

 

 

自分も他人も温かい

 

愛情深い目で見られるように

 

なっていきます。

 

 

わたしも決して強い子では

 

なかったから、鋭敏な神経

 

守ってくれて、今まで元気に

 

生きてこれたのだな、と

 

自分をほめてあげるようにも

 

なりました。

 

 

 

ニューヨークで30年間

 

本当に怖い目には一度も

 

合わずに生きてこれたのも、

 

きっとわたしのこの鋭い直感

 

守ってくれていたのだと

 

思います。

 

 

紫のチャクラ(クラウンチャクラ)

 

天界・宇宙と繋がるエナジーポータル。

 

スピリチュアルな世界と地上の

 

私たちをつなぐチャクラです。

 

 

 

もっと多くのみなさんにHSPや

セルフケア、チャクラワークの

ことを知っていただきたくて、

ブログランキングに参加しています。

応援してくださるとすごく嬉しいです。

今、何位? 人気ブログランキングへ 

 


 

HSPアンケートにお応えくださった方に、30分の無料HSP相談 をオンラインで提供いたします。(ZOOM というスカイプに似たソフトを使います)

 

自分の心地よさを犠牲にせずに、人に誤解されずに、自分の宝を見つけましょう。生きづらさを吹き飛ばして、最高バージョンの自分を開花させましょう。

 

ニューヨークドクター・エレイン・アーロンさんが書いた書籍 ”Highly Sensitive People"日本語訳が出ているので是非読んで見てください。

ささいなことにもすぐに動揺してしまうあなたへ

 

とても感じやすい子のご家族には ”ひといちばい敏感な子” をお勧めします。

 

七色の光の橋を使ってあなたの本当のミッションを発見しましょう。

そのミッションや目標を実現するための Step by Step ワークです。


 天と地をつなぐチャクラワーク 

 

 

 


人気ブログランキングへ