先月9月24日にPMSのためのゆったりアロマヨガ
のワークショップを開催しました💐

PMS(月経前症候群)という限定的なテーマにもかかわらず、10名の方々が参加してくれました
ご参加いただいた方々はとても真剣に自分のこれからのことや女性の健康について考えていて、
前半の講義では自分の経験をシェアしてくださったり質問も多く出て、
私にとっても貴重な時間となりました

私がこのワークショップでみなさんに深めて欲しかったのはPMSのことばかりではなく、
月の周期の乱れ、ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れによる心身の不調にどう対処していくか、
ということです。

講義の中で私の娘の話をしました

娘は腰痛があるので、自宅で時々アロマを使った温湿布をしてあげます
アロマの精油が入ったお湯に浸したタオルを腰に当てると暖かく、いい香りがして上から手でしっかり押さえてあげると落ち着くそうなのです

「もうなおった」と言い、満足気な娘
自分の事を一番よく分かっていて
信頼しているお母さんにケアしてもらうことが、娘にとって最高の癒しなのです
では、大人になったら誰が自分を癒すのか・・
自分のことを一番よくわかっていて、大切にできるのは自分しかいません

これはPMSのあるなしにかかわらず、男女も関係なく、大切なことだと思います

一生懸命生きるということは
まず、自分を大切にすること

ヨガの八支則 アヒンサーが
ヤマの一番最初にくるのも納得できます

私達みんな、幸せになるために生きている!

女性のためのワークショップ、また開催したいと思います☆