今年から始まっている、川畑友季湖先生の東京開催の陰ヨガ連続講座に3回目の参加をしにきました。

国内ではなかなか体感できない、より深いレベルの陰ヨガ。

進化した陰ヨガと表現されていますが
、受講すると最初にTTを受けた時の頭に残っている陰ヨガマスターのヴィクターの言葉が思い出され、プラクティスを深め進化したらこうなったんだなと、理解できます。


そして、一人で練習をしてるうちに私の中で止まっていたことや、完全に理解してなかったことも、たくさん気づきます。


さっくりいうと、この連続講座は2日間両日とも、クラスの前半にヨガ哲学と東洋医学の講義、後半はマット上で体を動かして、陰ヨガの理解と実践を深めていく内容。


さらに1日目の夜は経絡シークエンスを取り入れた練習を申し込んでいます。


シニアティーチャーのクラスを定期的に受ける機会ができるなんてほんとにありがたい❗


前回は奇経八脉とヨーガの呼吸の仕組み、発生学で経絡をしろう✨

そもそもどんな風に体というものがつくられていくかを受精卵の段階から経絡との繋がり含め理解が深まりました。


陰ヨガ深部組織を開いて内側から潤うその感覚はじんわりと感じる体液の流れの実感だけではなく、細胞レベルで潤うんだな✨と。


経絡の流れを感じたり、細胞レベルで潤うまで、もっとずっと練習を重ねて行きたいです。


今回は「天・地・人」と「精・気・神」

ちょっぴりお茶目な友季湖先生に会えるのも楽しみです☺






https://www.facebook.com/events/308684199582924/?ti=as




AD