ヨガと介護(ヨガ教室経営と認知症実母のリアルな介護日記)

ヨガと介護(ヨガ教室経営と認知症実母のリアルな介護日記)

ヨガスクール楽愛夢のとよしが、
ヨガ教室を経営しながら認知症の実母の介護生活。

ヨガで心とからだを解し、
与えられた天職に感謝しながら
日々認知症が進む母と奮闘!

そんなヨガ指導者の日々と、
母の介護の日々を
毎日リアルに綴っています。

NEW !
テーマ:
おはようございます。

昨日ショートから帰った母は、
夕飯をしっかり食べ、
通常の薬に抑肝散を飲み、
早めに寝てくれるかと思いきや、
まったく目を閉じることなく、
いつまでもテレビを見ていた母。

やはり抑肝散の効果は薄らいでいるのかな?と感じましたショボーン

そして、
朝まで静かに寝てくれるはずだったのですが、早朝大量失禁❗
母を再度寝かし、今私は洗濯中です。
はい、😂




さて、気を取り直し(^^;

今日月曜日、
午後からケアマネさんの訪問日で、
デイサービスをお休みにしました。


そこで今朝は、
ヨガ指導者として
皆さんに呼吸法のお話をさせて頂きたいと思います。
よろしくお願いしますm(__)m


毎日介護に疲れ、
ストレスの多い日々を過ごしていると
気付かぬうちに、
肩や口で息をするようになっていき、
浅い呼吸になっていきます。

浅い呼吸は酸素をたくさん体の中に取り入れることができないので、脳にも余り酸素がいかなくなります。


呼吸がうまく出来てないような気がする!

何だかイライラする!

体が重い!

疲れる!

などなど……


こんな症状になってきますね。
このとき体の中は、
交感神経が優位に働いています。


そこで、
呼吸が大切になってきます。



ヨガの呼吸は基本的には
腹式呼吸、鼻呼吸です。

しかし、
ヨガの呼吸法は、
実はとてもたくさんあります。

代表的なものをあげますと、

①片鼻呼吸法(スカプールブァカ)
②火の呼吸法
③バストリカ
④カパーラバティ

などなど………


しかし、
本来心を静め、
落ち着かせるためには、
きちんとした
腹式呼吸
をすることが一番大切です。

深い腹式呼吸が出来れば
交感神経副交感神経
に変えることができ、
心は落ち着きを取り戻します。


本来人間を含め、
動物が意識をしなければ、
ふだん当たり前にしている呼吸が
腹式呼吸なんです。


もちろんヨガのルーツである仏教の
瞑想
もこの呼吸です。





*****************************************
深い腹式呼吸の簡単なやり方
*****************************************

お時間があるときに、
又はお休みになる前にやってみてください。

先ず仰向けになりましょう。

(座った状態でも良いのですが、
寝転んだ状態だとお腹の動きがよくわかります。)

片方の手のひらを上腹部アバラの辺りに置きます。
アバラの奥には横隔膜という筋肉があります。
この横隔膜が動くのがベスト!

もう一方の手のひらを下腹部、ちょうどおへその下辺りにおきます。


体の力を抜いて、
軽く目を閉じて、

鼻からゆっくりと大きく息を吸い込んでいきましょう。
置いた両方の手のひらが上に押し上げられていく感覚を感じながら。

今度は鼻からゆっくりと、
細く長〜く丁寧に息を吐き切っていきましょう。
置いた手のひらがどんどん下に下がっていく感覚を今度は感じていきましょう。


👆こんな感じ!


最初は上手に出来なくても大丈夫ですので、
力まずに自然と出きるまで続けてみましょう。
ゆっくり、丁寧に繰り返しましょう。


暫くおこなっていると、
自然と気持ちは落ち着き、
深い呼吸が少しずつ出来るようになるはずです。

先ずはこの深い腹式呼吸が出来るように練習してみてください。
これだけでも、
ずいぶん心は落ち着き、
楽になると思いますよ。

お忙しいとは思いますが、
気になる方は試してみてくださいねおねがい


長くなってしまいました。

日々介護に頑張っている皆様、
どうか、
大切な、
大切な、
心も体もご自愛くださいね。
自分の健康な体があってこその介護ですから。


そして私は、
ヨガと共に
これからも頑張っていきたいと思います。



最後までお付き合いくださってありがとうございました🙇

皆様の幸せを願って
ナマステお願い




👇ポチッとお願いします(^^;
にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ ヨガ教室・ヨガインストラクターへ
にほんブログ村

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス