哲学と科学から知る③ ストレスフリーでご機嫌な毎日へ♪ | 生きづらさを解消・脳と心と体をゆるめるヨガレッスン

生きづらさを解消・脳と心と体をゆるめるヨガレッスン

自律神経を調える心と体のトータルコンディショニング by Mind-Body Arts SHSHU(シュシュ)・井上浩子(ロコ)


テーマ:
 

 

脳と心と体をゆるめて自律神経を調えるヨガレッスン蓮

 

マインドボディーアーツ・シュシュの井上浩子(ロコ)です。

 

 

ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇 ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇 ピンク薔薇ピンク薔薇ピンク薔薇

 

 

タイトルは、

 

11月開催の3DAYSヨガインテンシブコース(集中講座)の

 

【DAY3・午後の講義・ディスカッション】内容・テーマ

蓮 ヨガ哲学がいう「私」ってなぁに?

 

蓮 科学がいう「私」ってなぁに?

 

蓮 ストレスフル(恐れ)な私からご機嫌(愛)な私へ。

  脳のスイッチを切り替える?!

 

蓮 科学とスピリットの共通項「宇宙意識」とは?!

 

 

毎日を、

 

少しでもストレスフリーに!

 

ご機嫌に過ごしたい音符

 

 

というのは、誰もの願いではないでしょうか?

 

 

 

そこで。

 

科学の説明する

 

「私」とは?

 

人間の「意識」とは?

 

 

から、詳しく見ていきます。

 

 

 

 

以前メルマガでもご紹介した

 

認知神経科学者のアニル・セス氏は、

 

 

 

私たちが意識できること、

 

つまり、

 

思いつくこと、考えられる範疇のこと、常識という意味での

 

人間の「意識」は、以下の

 

5つの「私」を通したものだといっています。

 

① 肉体的な私

 

② 観念的な私

 

③ 意志・意思的な私

 

④ 経験・主観的な私

 

⑤ 社会的な私

 

 

その5つの私、全てにおいての大前提は、

 

生きること=生存。

 

当たり前ですが、人間も他の動植物も共通です。

 

生存本能。

 

これが、肉体を持ったものの宿命です。

 

 

このからだ全部の仕組み、はたらきと。

 

それを頂点で一括管理・コントロールしている脳。

 

 

脳は、「生存」を大前提にするがゆえに、

 

極めて偏った人間特有の、限定的な「意識」

 

というものを作り出しています。

 

 

” あなたが見るもの・聞くもの・体験するもの、

 

あなたが「現実」と呼ぶもののすべては、

 

脳の作り出した「幻覚」なのだ。”

 

 

という発言もしている同氏です。

 

 

脳は極めて「エコ」で「都合の良い」方法で、

 

生存!のために機能しています。

 

 

もちろん生きてこそ!ですから。

 

それは感謝でしかありません。

 

脳を含めた、肉体というものの神秘への感謝です。

 

 

 

しかし、そんな神がかり的に精巧なシステム=脳

 

も、当然ズレや誤差が生じたり、

 

くるいがでたり、

 

トラブルを起こすこともあります。

 

 

 

こころの問題、

 

とひとくくりにまとめられるものや。

 

病名のつけようがない、

 

または

 

聞き覚えのない名前が便宜上ついている。。

 

というような症状、病(やまい)が現代にはいっぱいあります。

 

 

それらの対処療法にとどまらず、

 

根本を捉えていくために、

 

脳の作り出す意識=私とは?

 

のメカニズムを知っていることは重要だ、

 

とセス氏は言います。

 

 

 

その肉体の痛みは、

 

そのこころの痛みは、

 

その(一般的に・常識で)醜いといわれる思考は、

 

その(一般的に・常識で)素晴らしいといわれる感情は、

 

 

「あなた」なのでしょうか?

 

それとも、

脳の作り出した幻覚なのでしょうか?

 

 

 

もし「あなた」でないのなら・・・

 

本当の「あなた」って何なのでしょう?

 

 

 

 

そうやって見ていくと、

 

やっぱりここでも。

 

科学と哲学が交錯するポイントに出会います。

 

 

 

前回・前々回の記事でご紹介している

 

ヨガ哲学の定番:

 

ヨガ・スートラ

 

やっぱりこちらにも、ちゃんと書いてあります。

 

 

 

” ヨガの練習を、(ここで記されている)方針に則って行なっていれば、

 

外界の世界(肉体・年齢・気候・体調・仕事・人間関係)からの

 

影響を最小限に収めることができる。"

 

 

" ボディvsマインド

 

マインドvsスピリットという二元性(分離)は消え、

 

すべてがひとつになる。"

 

 

 

それが「宇宙意識」です。

 

 

 

話がだんだん壮大になってきましたか??


 

 

「意識」なんていわれると、

 

それだけで???ってなったりもしますよね。

 

なので最後は、

 

脳科学・神経科学・量子物理学の専門家。

 

ジョー・ディスペンザ博士の言葉をお借りします。

 

 

 

” 意識(consciousness) とは、

 

気づくこと。(awarness)

 

気づくとは、注意を向けるということ(to pay attention)

 

注意を向けるとは、

 

「今」にある、ということ。(to be present) "

 

 

 

結局、

 

「今」を味わい切ることが、

 

すべて(源・ソース)に繋がること、というわけです蓮

 

 

ちっとも壮大なんかじゃないです。

 

ごくごくありふれた、毎日の、日常のことなのです。

 

たった今から、この瞬間に始められることなのです。

 

 

 

想像的で、抽象的で、主観的で、曲線的な哲学の世界観。

 

理論的で、具体的で、客観的で、直線的な科学の世界観。

 

 

 

あなたに響くのは、どちらか分からないから。

 

どちらも、ヨガ(=生きること)に変わりはないから。

 

 

 

あなたの「現実」をストレスフルからご機嫌にシフトする方法音符

 

 

 

 

哲学と科学の2方向から、

 

しっかり解説しますのでお楽しみに鉛筆

 

 

 

 

流れ星3DAYSインテンシブ(集中講座)ですが、

 

ワンデイからもご受講いただけますのでご相談くださいね。

 

 

「今日もありがとうクローバー

 

 

 

マインドボディアーツ・シュシュ(井上浩子)クローバークラス   クローバーワークショップクローバーお客様の声 クローバーご予約・お問い合わせ

 

 

 

NEW!

募集開始!受付中!

 

■11月・3DAYSヨガインテンシブコース(集中講座)

(*単発でもご受講いただけますのでご相談ください。)

 

 

メール無料メルマガ配信中(月1〜2回)▼▼

 

▶︎30秒で完了!無料メルマガ登録はこちら

 

*バックナンバーをご希望の方は、自動返信メールに希望番号を添えてご返信ください。

 

最近配信のメルマガ

 

①誰にも必要な指導者としての目?・後屈編(2017.10.14)

②ケガ対策!立位の前屈編(2017.9.22)

③脳を変えるための2つの法則(2017.9.8)

④あなたの「現実」は脳の幻覚?!(2017.8.25)

⑤大切にしたいエッセンス「ゆるめる」ということ(2017.8.2)

⑥ケガとの上手な付き合い方・ヨガ賢人の言葉 (2017.6.24)

 

脳と心と体をゆるめて自律神経を調えるヨガ講師ロコさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス