ワニのポーズができない人は、自分に合ったイメージからやってみよう!! | 目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515

ワニのポーズが苦手!!

 

ワニのポーズです。

 

シンプルながら、意外と難しいです。

でも、分かるとリラックスしたり、身体の繋がりを感じたり、時には筋トレの効果もあったりと、とても効果的に働いてくれるポーズです。

 

ワニのポーズの効用やコツに関してはこちらを参考にしてみてください。

超重要!永久保存版!! ~ワニのポーズを通じて「繋げる」感覚を身に付けよう~

 

ワニのポーズはとても使い勝手がよいので、ビギナーさんや身体の硬い人もできれば自分のレパートリーに加えておきたいポーズですね。

 

 

 

苦手なポーズの練習の仕方

 

軽減法を使うのが一番です。

軽減法とは、ポーズをとりやすい状態にする方法です。

 

例えばワニのポーズでいえば、こんな感じです。

 

両脚でなく、片脚でひねると大分やりやすくなります。

ついでに手足も伸ばしています。

 

目標のポーズを段階分けして、自分に出来そうなことからはじめると良いですよ。

 

 

 

自分に合った力の流れがありますよ

 

これ、面白いです。

軽減法で同じ形をとったとしても、実は力の流れは違うって事もあるんですよ。

 

これも実際の例を見た方が分かりやすいので、ご紹介しますね。

 

内ももをたたんでいくイメージ。

 

腰~お尻を伸ばすイメージ。

 

足を遠くに押し出すイメージ。

 

もちろん、この他にも力の流れはありますからね。

まずはなんでもいいんです。

自分にとってやりやすいものを見つけてください。

 

 

 

ポーズの練習ができない事はあり得ない!!

 

どんなポーズであれ、そのポーズができない事はあったとしても、そのポーズの練習ができない事はあり得ません。

 

苦手なポーズも、何かしら自分にとってできる事は存在します。

単なる仰向けで深呼吸の練習をすることですら、すべてのポーズの練習になりますからね。

 

できる事を続けて積み重ねていくうちに、できる事は超できる事になり、今までできないと思っていた事ができそうな事に変わってきます。

 

そのポーズを完璧にとろうとすると、完璧に効果的な練習をしようとすると、心が折れそうになってしまいます。

まずは、「ちょっとでも今よりもましになる」事を目指して練習してみてくださいね。

その練習は、実はとってもとっても価値のある効果的な練習ですから(^^)/

 

 

 

■お知らせ

12月7日(土)

ワークショップ:練習が10倍効果的で楽しくなる「ヨガの基本」  ~2019年冬版~

 

顔晴るジムのレッスンに興味を持ってくれた人はこちらからお問い合わせください(^^)/

顔晴るジムホームぺ―ジ

 

このブログはランダムですが、メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編