コブラのポーズでお腹が伸びている感覚がどうしても分からない人へ | 目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515

コブラのポーズでお腹が伸びている感覚がどうしても分からない

 

コブラのポーズです。

このポーズは、お腹のストレッチの効果もあります。

でも、コブラのポーズが苦手な人は、その感覚を掴むのが難しいです。

 

 

足の爪でしっかりと地面を踏んでいるはずなのに、どうも肩や腰が詰まってしまう。

そんな人に向けた記事です。

 

 

その場合は、意識的に爪での地面を押す方向を変えてみると上手くいくことがありますよ。

顔晴るジムの生徒さんに評判の良い方法を一つご紹介しますね。

 

 

 

下に押すのではなく、前に向かって押す

 

先に結論から言うとこうしてみてください。

下に向かってではなく、前に向かって押します。

 

 

こうではなく。

こんなイメージです。

 

 

 

なんで??

 

下に向かって押して上手くいかない場合、遠心性の力が働いています。

中心軸から力が遠くに離れていってしまっています。

 

押す場合って、押すことによって求心性の力を働かそうとしています。

中心軸に力を集める動きですね。

 

そうすると、足の爪で地面を押すことを通じて、腹筋を使っている感覚を掴めます。

そのまま上体を持ち上げると、腹筋を使いながら伸ばしている状態になるので、伸び感を掴みやすくなります。

 

これが分かっていれば、爪を下に押しても上手くいきます。

でも、それが苦手な場合は、もっと中心軸に集めやすい動きを最初からしてしまった方がやさしい取り組みです。

 

そんな訳で、爪を前に押すようにしてみてください。

 

 

 

練習はスフィンクスポーズがおすすめです

 

コブラのポーズの前に、スフィンクスポーズをしてみると良いですよ。

スフィンクスポーズは「肘をついたコブラのポーズ」くらいで思っていてください。

 

 

スフィンクスポーズなら上半身も上に向かうというよりも、前に持っていく感覚が意識しやすいです。

そうすると、爪を地面に引っ掛けて固定して、踵とみぞおちで引っ張りあうような感覚がつかめます。

 

 

その感覚を持ったまま状態を起こすとコブラのポーズとなります。

 

 

こうしたちょっとした意識を一つ変えるだけで、できるできないが変わってしまう事があります。

ポーズの練習では、出来る事を目指しつつも出来る事にとらわれずにこういうのを見つけるのはとっても楽しいですよ。

 

 

みなさんの練習が心地よく力強いものとなりますように。

 

 

■お知らせ

12月7日(土)

ワークショップ:練習が10倍効果的で楽しくなる「ヨガの基本」  ~2019年冬版~

 

顔晴るジムのレッスンに興味を持ってくれた人はこちらからお問い合わせください(^^)/

顔晴るジムホームぺ―ジ

 

このブログはランダムですが、メールマガジンでは一週間でヨガの基本を学べます。

読むとからだとこころが柔らかくなる、読むヨガレッスン基本編