ふくらはぎのストレッチについて ~腓腹筋のストレッチ1~ | 目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515

ふくらはぎのストレッチについて ~腓腹筋のストレッチ1~



の記事はダウンドッグ(アド・ムカ・シュワナーサナ、下向きの犬のポーズ)を通じてヨガの理解を深める事と実践練習を進める事を体験して欲しいという試みの一部です。

色々な要素の話をここにまとめてあります。

ダウンドッグで踵が着かない人へ ~2018年版~

 

 

ダウンドッグと関係する今回の記事のテーマは

「ふくらはぎのストレッチについて ~腓腹筋のストレッチ1~」です。

 

 

以前こんな記事を書きました。

踵が着かないままダウンドッグを楽しむ方法

その中で紹介した、踵の下にブランケットを敷く方法。

これはとってもおススメの方法です。

ですが、肩や背中に問題があってキープが難しかったり、そもそもこれでは全くふくらはぎの伸びを感じられない場合。

その時は、ヨガっぽさやダウンドッグらしさに執着せず、シンプルなふくらはぎのストレッチに取り組んでみましょう。

また、すでにダウンドッグで踵が着く人にとっても、より楽に出来るという点でふくらはぎのストレッチは効果的です。

 

 

やり方。

壁に手をついて後ろ脚の膝を伸ばして足首を曲げます。

力の流れについて説明します。

壁を押す力を使う事で、踵を着けに行きます。

ただ、イメージでは鼠径部(太ももの付け根)から足首を通じて土踏まずを地面に着ける様に押してみてください。その方が、ふくらはぎが力まずに済みます。

後ろ脚の膝を曲げずに真っ直ぐにする事で、意識的に腓腹筋という筋肉を伸ばしましょう。

膝を曲げた時は腓腹筋は緩み、ヒラメ筋のストレッチになります。

その時は、もっとふくらはぎの奥まった部分の伸びを感じます。

違いを感じながら使い分けてみても良いでしょう。

そのまま30~60秒、1~3セット行いましょう。

 

 

この方法は一般的にも行われているので、すでに知っているも多いと思います。

そんな訳で、少し遊び心を持って応用編をお伝えします。

 

 

先程の体勢だと、お尻の硬さによって身体が前に倒れづらくなり、ふくらはぎの伸びが制限されるという事が起こります。

その為、前脚をこうします。

これだと腕が疲れるのでこうします。

これで伸ばすと、お尻に邪魔されない事と上半身の重みが助けになる事で、腓腹筋に強いストレッチが入ります。

注意点は2つ。
脚も腕もキープするのに、パワーが必要です。
強く伸びるという事は、危険度が高くなるという事です。
まずは最初に紹介した方法で、しっかりとキープや伸びを感じる事が出来てはじめてこちらに進んでください。
その代わり、上手に出来ると、今まで伸ばしきれなかった深い所の心地良い伸びを感じられますよ。

 

 

ふくらはぎのストレッチが終わったら、ダウンドッグをしてみましょう。

わざと片脚だけ伸ばした後でやってみると、違いや効果を感じられるので面白いです。

 

 

違いを見るのは観察の良い練習になります。

部分と全体の関係を知る良い練習にもなります。

ヨガのポーズは、数か所を同時にストレッチしつつ、数か所の筋肉を同時に働かせて体幹トレーニングをしている様なものなので難しいんです。
だからこそ、一つのポーズだけでもしっかり取り組む事が出来れば、多くのものが学べてとってもお得です(^^)/
 

 

こういった話は普段のレッスンでもしてますが、ブログで書くとより整理されて良いですね。

ワークショップではこういった話をよりまとまった形でしていきます。

↓↓↓

■イベントのお知らせ

2018年2月10日(土)~12日(月)

練習しても体が硬いまま?体の硬い人の成長練習法 特別京都講座

 

目白 パーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 定休日なし※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

 

ヨガが好き!

ヨガは未経験だけど興味がある。

でも、身体が硬い(+_+)

でも。。。

やっぱりヨガを楽しんでみたい方、大歓迎です(^^)/

 

顔晴るジムホームページ

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

このブログの内容は、芹澤が実際に自分で練習している心身の意識の仕方を紹介しています。

ただ、一人一人は違う存在なので、絶対的なものではありません。

 

その為、紹介している練習方法(特に身体の使い方について)を試してみようと思った時は、

・必ずご自身の身体を観察しながら練習する。

・痛かったり不快感がある場合は、その方法を採用しない(安全・安心が最優先です)。

・ブログの方法にアレンジを加えた方が自分にとっては感覚を掴みやすい、と感じた場合はそちらを優先させる。

などの事柄を守って、自己責任での練習をお願いしますm(__)m

 

また、現在このブログの内容はランダムです。
ヨガや身体の使い方の基本的な事については、こちらにまとめてあるので興味がある方は是非!(^^)!

●ブログ講座スタート!!

●ヨガの教科書

メルマガにはもう少し深い内容について書いてあります。

●顔晴るジム メールマガジンについて