踵が着かないままダウンドッグを楽しむ方法 | 目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

目白 身体の硬い人の為のパーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム代表のブログ

痛いストレッチは間違いです。
気持ち良く伸ばせて、自分の成長を楽しめる、効果的な身体の使い方を教えます。

目白駅徒歩4分 定休日なし 03−6908−2515

ダウンドッグ(アド・ムカ・シュワナーサナ、下向きの犬のポーズ)です。


の記事はダウンドッグを通じてヨガの理解を深める事と実践練習を進める事を体験して欲しいという試みの一部です。

色々な要素の話をここにまとめてあります。

ダウンドッグで踵が着かない人へ ~2018年版~

 

 

ダウンドッグと関係する今回の記事のテーマは

「踵が着かないままダウンドッグを楽しむ方法」です。

 

 

ダウンドッグで踵が着かない場合、2つの考え方があります。

 

1つは、踵が着く様な身体の状態を作る事。

ふくらはぎをストレッチしたり、お尻や肩甲骨の動きを良くしてふくらはぎが伸びやすい状態を作る事です。

もう1つは、踵が着かないままダウンドッグを楽しむ事。

そして、ダウンドッグを楽しんで続けている内に、踵が着く様な状態になるのを待つ事です。

今回は後者のついてのやり方と発想についてご説明しますね。

 

 

やり方その1。

踵の下にブランケットを敷く。

これはとってもおススメの方法です。

ダウンドッグ全体の安定感と統合力を強化してくれます。

呼吸が乱れずに30秒~1分過ごせる事を目標にしましょう。

最初は10秒キープするだけでも練習の意味はあるので安心してください。

もしふくらはぎや肩に痛みがある場合、その時は個別にストレッチをしたり、ハーフドッグをしたりなど、もう少し違うアプローチをする必要があります。これは、先に挙げた前者の考え方ですね。

 

 

やり方その2。

足の指先を出してブロックに乗る。

これはやり方その1よりも強烈です。

ダウンドッグの形ではふくらはぎがウンともスンとも伸びない人もこれだと伸びます。

ただ、基本的に強く強引に伸ばしても逆効果です。

やり方その1が出来てはじめてチャレンジした方が良いですよ。

 

 

ポーズは出来るか出来ないかだけを気にして取り組むものではなく、そのポーズからどれだけの効果を受け取れるかを意識しながら取り組むものです。

何の為にポーズをとるか??

だから、安全と安心が得られる様に形をアレンジして良いんですよ。

そして、その為に道具はいくらでも使って大丈夫です。

サポートなしで何とか出来るなら、サポートありありで楽に出来る方が良い

 

 

どうしたらそのポーズが出来るかなというよりは、どうしたら楽しくそのポーズがキープ出来るかなと発想すると今までと違うアイデアが生まれると思います。

付き合う場合と結婚する場合で相手に求めるものが変わる事に似ているかもしれませんね。

ポーズを、ヨガを長く楽しむ為のアイデアが、結果として自分自身を長く楽しい状態にしてくれますよ。

 

 

こういった話は普段のレッスンでもしてますが、ブログで書くとより整理されて良いですね。

ワークショップではこういった話をよりまとまった形でしていきますね!

↓↓↓

■イベントのお知らせ

2018年2月10日(土)~12日(月)

練習しても体が硬いまま?体の硬い人の成長練習法 特別京都講座

 

目白 パーソナルヨガスタジオ 顔晴る(がんばる)ジム

◆場所 東京都新宿区下落合3-17-32 フルールビル303 JR目白駅より徒歩4分

◆営業時間 11時~20時 定休日なし※ブログ更新時の状況なので、変更している可能性があります。

詳しくはホームページをご確認下さい。

 

ヨガが好き!

ヨガは未経験だけど興味がある。

でも、身体が硬い(+_+)

でも。。。

やっぱりヨガを楽しんでみたい方、大歓迎です(^^)/

 

顔晴るジムホームページ

コース案内
アクセス
メールでお問い合わせ
03-6908-2515

 

このブログの内容は、芹澤が実際に自分で練習している心身の意識の仕方を紹介しています。

ただ、一人一人は違う存在なので、絶対的なものではありません。

 

その為、紹介している練習方法(特に身体の使い方について)を試してみようと思った時は、

・必ずご自身の身体を観察しながら練習する。

・痛かったり不快感がある場合は、その方法を採用しない(安全・安心が最優先です)。

・ブログの方法にアレンジを加えた方が自分にとっては感覚を掴みやすい、と感じた場合はそちらを優先させる。

などの事柄を守って、自己責任での練習をお願いしますm(__)m

 

また、現在このブログの内容はランダムです。
ヨガや身体の使い方の基本的な事については、こちらにまとめてあるので興味がある方は是非!(^^)!

●ブログ講座スタート!!

●ヨガの教科書

メルマガにはもう少し深い内容について書いてあります。

●顔晴るジム メールマガジンについて