またまた おひさしぶりのブログ
そして 今頃かよ! っと突っ込まれそうな、6月上旬に行った
ヨガのリトリートの報告です。
おヒマな方 読んでやって下さい。

 

  *   *   *   *   *   *

あずさの車窓より〜見えて来ました穂高連峰〜


舞台は穂高の裾野をちょっと登ったところの穂高養生園さんです。
いくつかの建物が山中に散在するこの施設、(瞑想小屋なんかもあるんですよ〜)
今回 泊ったのは 森の家という 携帯の電波もない いちばん山奥に有るこの建物です。

 

お部屋の中はこ〜んな感じ。
どっちを見ても緑、みどり、グリーン!



お風呂だって ほぼ外です。
斜面の上にありますが、うっかりハダカで「ウ〜〜ン」なんて
のびしてると、下の道を通ったお散歩中の人に丸見えです(^^;)

 
 

講義や実技が行われるのはこんな建物


中はこんな感じです。

ここでスライドを使っての講義や、アーサナの授業が行われます。

、、、とまあ こんな環境なんですが、
なんで こんな田舎まで行くの??、、、という お話。

ヨガって究極のところ、原初の自分を取り戻すための方法なんです。
原初とは 生まれたての自分です。原初の オギャ〜と生まれたての赤ん坊は、素っ裸で なんの思惑もなく 他の野生動物となんの代わりもありませんよね。

生まれた時のまっさらな自分に、経験や体験が積もったものが今の自分。
その経験、体験は自分に良いものもあれば悪い物もある。つまり、人間は生きて来た環境次第でどうにでも変わってしまうということです。
もちろん 大人になってからもそうです。ストレスまみれで、忙しくすごしているひとは、忙しさと自分が同化しがちですよね。

そこで 原初の自分に近い環境である 大自然の中でリセットするのが、よかろう、、、出来るだけまっさらに戻しながら、講師の教えをあらたに刷り込んでいこうとするのがヨガのリトリートなのです。

そうなってくると、食べ物ももちろん大切です。
我々の身体のほとんどの細胞は数年周期で入れ替わってしまうそうではありませんか。だから 悪しき食習慣もここで 出来るだけリセットしようというわけです。

穂高養生園さんはマクロビオティックのお料理で有名です。
日常からこれだけ 自然素材をたくさん使った 手の混んだお料理はムリ。
堪能しました。

お肉はいっさいなしの 本格的なカレープレート。
この1プレートで30品目以上の食材が使われています。

こちらは五目すし。

しかも 毎食デザートつき!


すべて 終わった後は まっさらな自分、、、とまでは 行きませんが、
とっても新鮮な気分で帰途につくのでした。


ヨガリトリートは休暇とお勉強の両立で2度おいしい(^^)

私にとって『最高級の休暇』とは
ラグジュアリーなリゾートホテルで過ごすことではなく、
日常に目に見えない、上質のお土産を持ち帰ることが出来る、ヨガリトリートです。




 

 





 

忙しさ、、というありがちな理由で とんでもなく 放置していたこのブログですが、、、久しぶりに書く気になりました。

どうして 書いてみようかと思ったかというと、
ヨガ講師として 恥ずかしくて、申し訳ない失敗をしてしまったからです。
しかも 同じ失敗が2度目、、、

もうやらないぞ、、という決意のためと、

ヨガを教えている人以外にも 参考になればと思い 文章にしてみることにしました。

 

 

その失敗というのは クラス中に 間違った知識を滔々と大勢の前でレクチャーしてしまう、、、というもの。しかも 生徒さんもおかしいな?、、と思うくらい単純なこと。
なんで こんなことをしてしまったというかと、、、、
一生懸命やらなくちゃという考えの自分に、リアルな自分を乗っ取られたからです。

私は「今の自分に出来る精一杯を丁寧に伝える。」ことでしかクラスが出来ない不器用なインストラクターです。
ヨガのインストラクターには、華麗な演出や、美しいルックス、話の上手さ、、などで みんなを惹き付けてクラス作りが出来る、カリスマ先生になる素養を持った人も 大勢いますが、残念ながら 私はそのタイプではありません。
自分が経験したことを 出来るだけ解りやすい言葉と方法によって 地道に伝えるだけです。こんな 地味なやりかたでも ついて来てもらえれば、得る物はあると 確信してやっています。


なので、いつも 心をこめて一生懸命クラスをしています。

ところが、この心を込めた一生懸命が わずかなアクシデントにより 裏目に出ました。
スタジオのエアコンのモーター音の中のわずかなキーンという音が クラスの始まりのOMの音とリンクして、非常に不快な和音のようになってしまって、すごく集中していた私は びっくりして咳き込んでしまいました。(生徒さんはなにも感じなかったかもしれません。私は鳥獣よけの高周波が聞こえてしまって不快に感じるタイプなんです。)
そこで ちょっと 私自身の周波数が狂ってしまったようになりました。

 

クラス中には 今現在行っているレクチャーやデモンストレーションと並行して、少し先にやる内容を 頭の中でシュミレーションしていますが、そっちに(頭の中で考えていること)に 周波数が合ってしまったのです。

早い話が、アクティブな状態の上の空です、、、とほほ。


ぼ〜〜っと しているのであれば 誰にでも 気づいてもらえますが、しっかりとした口調で 話し続けているので だれも気づきません。

変なこと 言ってるなあ〜、、、ということになります。

悩みごとがあって 悶々としているときや、怒りや 嫉妬などの強い感情に 巻かれている時もこの状態に近い。ひどく酔っぱらった人や よからぬ薬に手を出した人も、、、、、

ここに存在しているのに 今を生きていない状態。
自分を 考えが乗っ取ってしまっている状態。

 

そう 人生 ただがむしゃらに 頑張ればいいってもんじゃない。
苦しいときも 楽しいときも 今をしっかりと感じ 味わいながら、

自分の適正や許容量を見極めて 自分にちょうど良い ストライクゾーンを生きることが大切なんです。

ヨガのインストラクターは 言ってみれば 今を生きるための ガイドでもあるのに、
ほんと 今回のことは 情けないです。
もう やりません。ごめんなさい。

 




 

 

 

 

いじめによる自殺の報道を良く聞きます。
残された家族の悔しさや、無念さを思うといたたまれなくなります。

暴力を伴う過激ないじめももちろんありますが、
「言葉と態度によるいじめ」だけの場合、
どうして 死ななければならなかったのか。
どうして そこまで心のキズが悪化してしまったのか。

人の言葉や態度がグサッとくることは多々あります。

グサッときたら「心にケガをした。」と自覚して下さい。

身体にケガをしたら まずそのケガの状態を良く見ますよね?
適切な処置して、へたに触らず、刺激せず、治るまで観察しますよね?

心にもケガをしたら、しっかりと見て、観察してください。
ただ 心のケガのやっかいなところは 目では見えないこと。
状態がわかりにくいこと。

心のケガは、感じて観察するしかないんです。
心のケガも痛いし、見たくはないけれど 
観察せずに ごまかしたり、無理矢理忘れようとしたりすると、
化膿したりして悪化します。
また 治ったと思っても再発したりします。

自覚しないと また危害を加える相手に近寄ってしまい、
治りかけたところに更なる怪我をおわされてしまったりもします。

しかし この観察が難しい。
特に子供にとって 見えないものを観察するのは至難の技です。
大人が観察して守ってあげる必要があります。
大人が観察出来るようになるべきです。

ヨーガはこの心の観察の練習でもあります。
ヨーガというとアーサナ(ポーズ)ばかりが目立っていますが、
それだけでなく 特に調気法(呼吸法)や瞑想が 心の観察に役立ちます。
そして 身体だけでなく、心も柔らかくしてくれます。

硬い、岩のような心に刻まれた傷を消すのは容易ではありません。

しかし 砂のような心だったら、何度か風が吹けば、やさしく撫でれば 刻まれた傷は癒えるでしょう。

水のような心だったら、そもそも傷をつけることが出来ません。

水のように柔らかい心を作るためにヨーガを練習するのです。




ただヨガ、、、と一言で言っても、
様々な流派や、手法があり、様々な先生がいます。

しばらくヨガの練習を進めて行くと、多くの人が感じる疑問:

「あの先生とこの先生、言ってることが違うけど、どっちを信じればいいの??」

「本を読んでみたけどよく解らない。このまま信じて進めばいいの?」

「そもそも流派は一つに決めなくてはいけないの?どうやって決めたらいいの?」

もちろん 私もそこを通り過ぎてきました。
いや 今も渦中にいます。

これらの結論を出すとき、多くの方が下記のような基準を使うと思います。

1:その先生又は流派の知名度や生徒数?
2:評判はどうなのか?
3:古くから続いているのか、最近出来たものなのか?
4:継続的に教えを受けることが可能な環境であるのか?
5:教えにかかる金額は自分にとって無理の無いものであるのか?
6:そこにいる人々と接していて気分はどうなのか?
7:自分の腑に落ちているのか?
などなど、、です。

1、2はもちろん参考になるでしょう。でも 人の意見ですよね? 
ヨガほどオタクなものはありません。自分の自分による、自分のためのものです。
これを間違えると「あれ?なんだか続けるのが苦しくなって来た。」ともなりかねません。

3は 良くない物、なんちゃってなものは自然淘汰されてなくなるので多いに参考になると思います。しかし 応用や変化を受け入れる柔軟な姿勢を持ってのぞまないと、これも 自分を縛る足枷になりかねません。長い歴史の中ではどんなものも変化と枝分かれを繰り返してきた、、、という事実があります。

4、5は言うに及ばずです。自分の仕事や周りの人との関係も考えて決めないと。。

6も重要。でも気をつけなくては行けないのは第一印象で決めないこと。
自分がそこになじむのにも時間がかかるように そこの人たちが自分になじむのにも時間がかかります。

7、、、これに尽きるのではないでしょうか。
腑に落ちるの「腑」は臓腑の腑。「腹の底から、、」なんて言い方もあるように、
自分自身が本当に納得して、選び取らないと意味がないんです。
我々が頭で考えることには必ずエゴがつきまといます。

結論からいうと『決めなくてもいいし、信じなくてもいい』

どんな先生に習っても、どんな本を読んでも 
『これだ!!』と腹の底から思えるものだけ抽出して、
あとは 焦らず のんびり
保留のままにしておくのがいいと思うな~私は(^^)




「立川ヨガフォーライフ」は『立川ヨガホーム』として生まれ変わりました。www.t-yogahome.com/
敬愛する仲間とともに 多摩地区の方々に良質なヨガクラスを提供出来るよう頑張っています。
このブログは 立川ヨガホーム世話人の久保玲子のブログとして立川ヨガフォーライフという名前で続けてゆきます。相変わらず のんびり、気まぐれなUpですが、今後ともよろしくお願いします。

さて表題の「花のように生きる」についてです。
「華やかに生きる」ではありません。

スタジオオープンにあたって たくさんの皆様から た~くさんのゴージャスな花々をいただき、嬉しい悲鳴でした。
しかし オープニングパーティーが終わってスタジオに残された花たちを見てふと思いました。
「花たち一輪一輪は ここで大勢の中の一員として枯れてゆくより、少ないまとまりで人に貰われていって、個々の生徒さんのお家で オンリーワンとして愛でられた方が幸せなんじゃないか」
そこで パーティーの次の日から スタジオにいらっしゃる生徒さんに 少しづつ持って帰っていただきました。

そして 花たちがいなくなって 今度はふとこう思いました。
「花は 花としてただただ咲いて、そして散ってゆくだけだ。たまたま 目にした私たちの目を楽しませてくれたけど、彼らに 誰かに愛でられたいとか、人の目を楽しませたいとか そんな目論みも、策略もなかった。花が幸せとか幸せじゃないとかって 勝手に私が思い込んでいただけだ。

私たち人間は自分の人生に必死で意味をつけようとしてる。
ただただ 与えられた一瞬一瞬をありのままに、丁寧に生きることが、いちばん大切なことなのにね。

立川ヨガフォーライフに関して詳しくはコチラ

ヨガをはじめて数ヶ月もたつと いつものクラスが少し物足りなく感じたり、何だか自分のポテンシャルにわくわくするような感覚を覚える人は多いんじゃないでしょうか。
そんな時がワークショップに参加するのに良いタイミングです。
「でも ワークショップって 何だか敷居が高くて、値段も普通のクラスより高いし、私にはまだまだ」と思っている初心者のみなさん。
ワークショップはちょっと普通のクラスとは違うんです。
たいていのワークショップはテーマが かなり具体的に絞ってあり、それに興味のある人が集まります。つまり いつもより しっかり掘り下げて学ぶことが出来て、何かしら持ち帰ることが出来る可能性が高いんです。
いつものレギュラークラスを連ドラとしたら ワークショップは映画みたいなものかな~~(^^)

ヨガのインストラクターである 私たちは皆さんのガイドです。
うまく ガイドを利用して、自分に有意義な道で 人生という山を登りましょうねえ。

という わけで 以下は宣伝です~~
12月5日(土)11:00~12:00 昭島のPLAYで 股関節の使い方をテーマとしたワークショップをやります。
ヨガだけでなく、クライマーや その他のスポーツを楽しむみなさん、またまた 股関節や膝、足首に怪我をしやすい皆さんも、参加をお待ちしています。
詳しくは
https://www.play-tokyo.com/news/20151114-4.html



立川ヨガフォーライフに関して→詳しくはコチラ

さて リトリート2日目の朝は 瞑想からはじまります。


1日目の夜に予告しておいた通り、みなさんには目が覚めてからはマウナで過ごしていただきました。マウナとは沈黙の行のこと。朝起きてからしゃべることはもちろん、人とは目を合わることもせず、起き抜けの新鮮な自分を保ったまま練習場にきていただきました。
コミュニケーションのインパクトは マインドやエゴを育てやすいので、マウナを保つと 呼吸法や、瞑想での効果が感じられやすく、とても勉強になります。
わたし自身もマウナを実践したので、瞑想の写真はありません。

その後 朝食をとり、少し休憩。
次は エネルギーのアーサナのクラスだったんですが、これも 瞑想に引き続き 写真がほとんどありません。(とる暇がありませんでした。)
なので 文章で説明させていただきます。

エネルギーのアーサナは この肉と骨の体に乗っかっているエネルギーの身体を動かすことを主な目的とします。
バリバリ動くのではなく、座って声を出したり、武道の準備体操や太極拳ののような緩める動きが中心となります。
少し実践しては~効果を実験するワークを繰り返してゆきます。
普段のクラスとは ひと味違ったクラスを楽しんでいただけたと思います。

そして最後は みなさんでサークルになって手を合わせ 気のエネルギーが一つの輪になって繋がるのを感じていただきました。
この リトリートでの学びが これからの学びを深めますように。


その後 昼食をとって 山への散策に出かけました。
少し 紅葉が始まった緑が目に鮮やかです。 

ずら~~と並んでロックガーデンへのコースを下ります。
山歩きのプロに近い方が数人いらして、先頭をあるいていただきました。
頼りになります!

滝でのひとコマ
天狗の腰掛けと呼ばれる 杉の木



なんと! こんな嬉しい出会いもありました!!
(写真がピンボケですみません!)



山歩きのご褒美は 日本一の(私の勝手な判断)わらび餅!
いつ食べても至福の味~



このあと 希望者のみで打ち上げをして 山を下りました。


数人の方から 元の生活にもどってからの感想をいただきました。
「家族に優しくしたい気持ちになった」
「仕事は相変わらず忙しいけれど、頭がクリアで余裕がある感じ」
「心も身体も軽い」
そうそう これがリトリート効果です(^^)
皆さん なるべく この感じを忘れないよう、長持ちさせて下さいね~~

立川ヨガフォーライフに関してくわしくはコチラ

遅くなりましたが、先週行ったリトリートの報告です。
お仕事が休めず参加出来なかった方。
来年は参加したいと言って下さった方。
このブログでリトリート気分を少し味わっていただけたら嬉しいです。

まずは 宿坊に着いて、荷物を預けたらすぐに 御嶽神社に行きました。
山の神聖な空気を味わってもらうためと、
神様にも「今から合宿します。うまく行くよう助けて下さいね。」と報告&お願いをするためです。

御嶽神社からの景色はこんな感じ。
午前中まで雨が降っていたので、霧がかかっていて それが引いて向こうの山が見えてくるところです。

宿坊からは また違った味の景色が、、、

山荘に帰ってお昼の後は 早速 座学です。
ヨガ的な世界観や、倫理観、エネルギーの話は 耳慣れない言葉も多く、「とりあえずメモメモ、、、」という方もいらっしゃったかもしれませんが、練習が進むにつれ これらを身を以て体験出来るようになってきます。
また 日常生活に当てはめると 心が軽くなったり、悩みが解決したりといった項目もあったと思います。

次はアーサナのクラス。
座学で座りっぱなしだった身体にひと際効く感じがあったと思います。
2時間のクラスなので、いつものスタジオではじっくり出来なかったポーズにも時間をかけました。
畳が足裏に心地よいです。

その後 休憩をはさんで、呼吸法のクラス。
こちらも 普段のクラスでは出来ない じっくりと時間をかけて 変化を感じてもらえるクラスにしたかった。
何人かの方は 家に帰っても続けていらっしゃるようです。


お待ちかねの夕食。
山の幸が並びます。右端の小鉢の手作り刺身こんにゃくは 何度味わっても絶品です。


一日目はこのあと、エネルギーワークのサンガ(集まり)でお開きとなりました。

しかし お開きになっても帰る必要がない!
ここがリトリートの良いところ!!
一日目に作られたエネルギーの感覚のまま二日目に突入することが出来るのです。

そう リトリートは 一つの長あ~~~いクラスなんです。
良い仲間、良いエネルギー、良い環境で ヨガにどっぷり浸り続けることで 得られるものがあるんです。

続きは その2で 近日中!! 

立川ヨガフォーライフに関して詳しくはコチラ

今年の夏はうんざりするほど猛暑日が続きました。
その後は台風や雨つづき、、、そんなキビシー日々を経験したあとの 
この秋晴れ!  気持ちいい~~!!

こんな感じで 秋は心と身体のコンディションが良く色んなことが身になりやすい。
だから スポーツの秋、勉強の秋 なんでしょうね。

https://www.play-tokyo.com/news/20150802.html
そんな秋も真っ盛りの11月7日(土)11:00~13:00
昭島のヨガとクライミングのジム『PLAY』でワークショップをやらせていただけることになりました。
8月23日にやったワークショップの第2弾で今回はスタンディングのツイストポーズ特集です。

「なんだか すっきりひねれた感じがない。」
「グラグラしてしまう。」
など スタンディングツイストポーズに釈然としないものを感じている方。
安定してしっかり捻って、筋肉にも 内臓にも 気分にも 良いポーズしませんか?

なお この「教科書のあるワークショップ」は今後もシリーズ化決定~!!
その時々で テーマとなるポーズが変わるので、複数回出ることで、沢山のポーズを網羅することが出来ます。



立川ヨガフォーライフに関して詳しくはコチラ

ヨガのウェブサイトなどで良く目にするリトリートってなに?
まあ なんとなく合宿的なものであるのはわかるが、、、、
、、、なんて思ってる方は多いはず。

リトリートとういう言葉の意味は”引きこもること”
他にも 退却、避難、療養所などの意味があります。
これだけ聞くと、何だか負け犬なイメージ?!

ヨガではなんでリトリートをするのか。

人間は環境に順応する力の高い生き物。
地球上の極寒の地から、灼熱の地まで こんなに広く暮らしている生物は
ほとんどいませんよね。
厳しい環境でもなんとか自分を順応させることで生き抜いてきたのです。

言い方を変えると 劣悪な環境にも慣れて、自分自身に「私は大丈夫」
と思い込ませてしまうのです。


リトリートは社会のストレスや いつもの人間関係から しばし離れて、
自分をリセットし、見つめ直すのに有効なんです。

そして プライドや義務のマントを脱ぎ捨てた素直な自分にこそ 
ヨガの教えは スムーズにしみ込んでくるのです。


いつも「クラスに通ってるから、わざわざリトリートに行く必要ない」
思っている方も 一度 籠ってみませんか?

立川ヨガフォーライフでは 最初のリトリートに最適な 
ショートリトリート(一泊二日)を体育の日の連休に行います。

興味を持っていただいた方は 
ホームページのイベントのページをご覧下さい。

http://deepse7.wix.com/yoga-for-life#!/c12x8