よだ形成外科クリニックの依田です。

学会の発表の準備などでいろいろ多忙で更新が遅れました。

 

先日は札幌で行われた形成外科学会に参加してきました。

形成外科専門医という資格を維持するためにクリニックを休診にし、しかも遠くの会場に赴き、点数が頂ける講義を拝聴してきました。

 

せっかく行くのだから、勉強以外にも社会勉強をしなくては損です。

東京警察病院形成外科時代の先輩と予約困難というお鮨屋さんで食事をしました。札幌は安くてとても美味しいお店が多くある、素晴らしい街です。

 

さて本日は人中短縮術の症例を見てみましょう。

 

人中短縮術の結果をよくするには、まず手術の適応です。人中の長さ、口唇の大きさ、鼻の形などを総合的に評価して、手術の適応でない方にはおすすめしておりません。

 

さらにデザインも重要です。秘伝のデザインですので、公開したいところですがブログ上では公開いたしません。

 

そして丹念に縫合することです。

これらのポイントをクリアして調和の取れた人中を作成することができると考えています。

 

今回の方は2ヶ月目の経過ですが、バランスが取れたと思います。

やや創部の赤みを認めますが数ヶ月でほとんど分からないくらいになるでしょう。

 

術前-術中切除検体-2ヶ月後

 

〈手術名〉人中短縮術(リップリフト・鼻下短縮・鼻下長短縮)

〈概要〉局所麻酔下にて余剰な皮膚を切除して縫合する手術を行います

〈治療費〉240,000円(税抜) 極細針1,000円(税抜)

〈ダウンタイム〉術後7日目抜糸。その後よりお化粧が可能です。

〈経過〉縫合創は3ヶ月間は赤みや盛り上がりを来すことがあります。個人差はありますが、6ヶ月ほどで赤みは消失してきます。

〈注意点など〉皮下を縫合している糸の露出、化膿を起こすことがあります。そのようなときは処置を受けて下さい。過剰な皮膚切除を希望される場合は手術をおすすめいたしません。

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら(リニューアルしました)

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 

院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村