よだ形成外科クリニックの依田です。

 

全身麻酔手術の手伝いで福岡の天神形成外科クリニックの増田院長がいらしてくれたので食事に行きました。

仙台市の泉区にある「滋味風味 小豆」さんです。仙台では珍しい京風の和食で、しっかりと仕事がなされていてとても美味でした。

 

二重のラインを作るのに、黒目から内側が、しばしば問題になります。二重のラインを内側もしっかり見せるようにデザインしても、内側の開瞼量が不足していることがあり、そのような場合はつり目っぽくなってしまいかっこよくありません。

 

アーモンド型に眼が開いて欲しいのですが、内側の開きを調節するにはテクニックが必要です。挙筋腱膜前転術を行うのですが、内側を挙げるには「技」が必要なのです。

 

挙筋腱膜前転術といっても術者によって方法は色々。人間の行うことだから手術の上手下手もあるでしょう。

手術道具も上手くいくかのファクターです。瞼板上内側の手術は極めて出血しやすい場所で、出血してしまうとオリエンテーションが大変厳しくなります。現在私が愛用している電気メスは、切れも良く出血も少ないもので、このおかげで安定して手術が行えているといっても過言ではありません。

 

職人の仕事は技を磨くことはもちろん、道具もこだわらないといけません。

 

今回の方は術後1ヶ月でかなり安定していて何よりです。これ以降受診されていないようなのでできればまた検診にいらしていただけると幸いです。

 

【手術名】挙筋腱膜前転術を併用した全切開二重術
【概要】局所麻酔下にて手術を行います。抜糸7日目、お化粧の目安約10日。

【治療費】300,000円(両側・税別)その他オプション手術が必要なことがあります。

【注意点】開瞼量、左右差は一般に4-6ヶ月で安定していきます。一時的な皮膚の赤み、内出血の可能性。
切開線のキズは3Mの赤み、6Mの食い込み感の可能性。左右差の可能性、再手術の可能性。

感染など。

 

術前-デザイン-1週間後-1ヶ月後

 

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら(リニューアルしました)

 

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 


 院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村