よだ形成外科クリニックの依田です。ここのところの日曜日は全身麻酔手術が続いています。

当院では全身麻酔は麻酔科指導医のベテランドクターが担当しています。先日はお昼過ぎに手術が終了したので、麻酔科ドクターとランチに行きました。

東山というお店の牛タンです。東山は焼肉店もあるのでさすがお肉のお店、美味しかったです!

 

 

さて本日は眉下から眉毛下皮膚切除を行い上まぶたのリフトアップを行った方の症例を見てみましょう。

 

上まぶたのたるみで外側が下がってきて三角眼になってきたという場合は眉下リフトのいい適応です。

 

シンプルイズベスト、皮膚を眼輪筋上で切除してしっかり真皮縫合をかけて縫う、これが一番結果もいいしきれいだと思います。眼輪筋を切除したり、毛包斜切開をして縫合などもいいと思いますが、シンプルな手術で十分結果がでます。

もちろん細かいテクニックやコツはあります。ただ単に切除して縫うというのは語弊がありますが、形成外科医なら当然の手技です。

 

内側はデザイン上あまり皮膚は取れませんし、縫合した瘢痕が目立ちやすい場所です。

手術適応があれば眉下切開におる眉下リフトはとても良い手術だと思います。

 

 術前-デザイン-切除した皮膚

術前-7日目抜糸後-11ヶ月後

 

【手術名】眉下切開による眉下リフト眉毛下皮膚切除

【概要】局所麻酔下にて眉下から下方に皮膚を切除し皮膚のあまりを取り去ります。縫合創は眉下にできます。

【治療費】200,000円(両側・税別)

【注意点】眉下のキズは3ヶ月くらい赤みを生じ、6ヶ月くらいで産毛が出てきてぼやけてきます。その間眉を描いてカモフラージュするといいでしょう。

左右差、皮膚切除量の限界、瘢痕が気になる、たるみの再発など

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら(リニューアルしました)

 

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 


 院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村