よだ形成外科クリニックの依田です。最強寒波が来襲するそうです。温かくしてお過ごし下さい。

 

仙台圏グルメ御用達の雑誌「Kappo: http://kappo.machico.mu/」に当院が掲載されました。当院はお鮨屋さんでないので食べ物のお話でありませんが、グルメ探しのお口直しで是非ごらんになって下さい。

 

そろそろ4月の新スタートに向けての二重まぶたのご相談が増えてきています。

目元の印象を良くしたい、アイプチを辞めたいとのご希望が多いですね。

手術はダウンタイムも比較的少ない埋没法による二重手術を検討されると思われますが、すべての方に適応という訳ではないのです。

 

埋没法による二重まぶた手術は万能ではなく、重瞼ラインをシミュレーションしても開瞼が悪い方は埋没法の適応ではありません。

眼の開きが悪い方に埋没法を行うとさらに開瞼が辛くなることもあります。

 

そのようなタイプの方は挙筋腱膜前転術という、まぶたを引き上げるスジである挙筋腱膜を補強、またはやや短縮して固定してあげると開瞼が楽に、黒目がはっきり見えてくる可能性が高くなります。

 

この手術はまず、この手術の適応なのか診断できると言うことと、固定の方法や位置に「ミソ」があるので熟練した術者が行うことが望ましいでしょう。

 

さらには、単に一重の方に「あなたは眼瞼下垂だから眼瞼下垂手術が必要」とろくに診察もしないで見かけで診断してしまうドクターが増えているので注意が必要です。

 

本日の方はブジーで重瞼のシミュレーションを行っても開瞼がやや弱いため、埋没法による二重まぶた手術でなく、挙筋腱膜前転術を併用した全切開二重術で手術を行いました。額に力を入れなくても開瞼良好とのことです。さらに経過を見ていきましょう。

 

術前-直後-7日目-挙筋腱膜前転術1ヶ月目

直後-挙筋腱膜前転術3ヶ月目

 

【手術名】挙筋腱膜前転術を併用した全切開二重術
【概要】局所麻酔下にて手術を行います。抜糸7日目、お化粧の目安約10日。

【治療費】300,000円(両側・税別)その他オプション手術が必要なことがあります。

【注意点】開瞼量、左右差は一般に4-6ヶ月で安定していきます。一時的な皮膚の赤み、内出血の可能性。
切開線のキズは3Mの赤み、6Mの食い込み感の可能性。左右差の可能性、再手術の可能性。

感染など。

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら(リニューアルしました)

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 


 院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村