よだ形成外科クリニックの依田です。


当院では1/月、午後より勉強会を行い、夜は懇親会(飲み会)を開催しています。

今回ナース1名入職され歓迎会となりました。

美容形成外科のスーパーナースとなれるよう私についてきて下さいね。

そして誕生月のナースもお祝いしました。当院の戦力として頑張ってくれてありがとう。


今回はラテラールスマセクトミーによるフェイスリフトを受け、

その後PRPF法でボリュームアップを受けた方の症例を見てみましょう。


この方は他院で複数回咬筋のボトックスを受けられた結果、

頬骨弓下のコケと皮膚の下がりが見られるようになり、

年齢より老けて見えるようになったとのことでした。

必要以上にへこみ感がでるのは老けて見える要因になります。

今回は今後を含めてSMAS(スマス)を引き上げてしっかり止めて、

その後ボリュームロスした箇所にはボリュームをつけるという方針の手術計画をしました。

注入によるボリュームアップなのですが、今回は手術後による注入なので

ヒアルロン酸等による異物によるボリュームアップではなく、

PRPFという濃縮自己血小板+b-FGF(ベーシックエフジーエフ)という再生医療による注入を選択しました。

 

PRPFは注入後、注入された部位の自己脂肪が増殖するという素晴らしい治療で結果も予測しやすく愛用しています。

経過をしっかり見ないと固くなり、膨らむ可能性もあるので、定期的なチェックが欠かせません。

 

再生医療は厚労省に認可が必要な治療ですが、当然当院は認可を得ています。

さてフェイスリフトですが、皮膚のみの切除縫合ではまず皮下組織は上方に上がることはありません。

SMAS(スマス)を剥離し引き上げ固定しないと長期結果は出ません。

そのためには手術は局所麻酔では大変なので当院では麻酔科管理の下での全身麻酔手術で行っています。

フェイスリフト後の腫れは個人差がありますが、今回の方は内出血斑も大きな腫れもなく経過良好でした。

髪型にもよりますが、人に会えるのは14日くらい見た方がいいかもしれません。

しかし、この手術を受けられたら当面リフトについては考えなくても良いはずです。

術後1年くらいのところでPRPFによるボリュームアップを頬骨弓下と法令線部に注入し、経過良好となりました。

PRPFは脂肪注入と異なり、採血のみで作成することができ、しかもボリュームアップの予測がしやすい、

つまり膨らみすぎる、膨らまなかったということが極めて少ない素晴らしい治療と考えています。


PRP+b-FGFは施設やグループによって作製方法や考え方が異なります。

当院の方法はその中の1つになります。

PRPFは自分の所属する研究会で検証、アップデートを行っています。

しかし、患者さんの治療歴史や体質を考慮に入れて治療を行うかどうか判断しないと

固くなり膨らみすぎる可能性もあるので、定期的なチェックは欠かせません。

 

 

術前-9日目

 

術前-PRPF14日目(フェイスリフト術後1年)

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 

滝澤副院長のブログはこちら→「美のホームドクターを目指して」

院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村