よだ形成外科クリニックの依田です。

早いもので開業して6年が過ぎました。
まだまだ楽ではありませんが、開業して良かったです。

皆様のおかげでどうにか6周年を迎えることができました。

ありがとうございます。私も6年前に比べて手術技術の進化が感じられています。

今後も精進して皆様の期待に応えられる美容形成外科医として技術を提供してまいります。

よろしくお願いします。

スタッフより誕生日とクリニック6周年を祝ったケーキを頂きました。

なんと写真がプリントされたケーキです。こんなものがあるのですね。すごいぞみんな!



それにしても「やんのかコラ~」とでも言っている写真ですが、いつこんな写真撮ったのじゃ?

今回はハムラ法を受けられた方の経過を見てみましょう。

ハムラ法を正しく行うには正確な技術が必要です。
ハムラ法は下まぶたの膨らみである目袋を皮下で切開して下方に膨らみである脂肪と共に伸展固定する術式で下まぶたのプロポーションが整う手術です。

正面から見ると一見ヒアルロン酸などの注入術で下まぶたの形態が改善するように思えますが、側面からみると一目瞭然で、注入を行うと実は目袋がさらに大きく見えてしまうことがほとんどです。

私はヒアルロン酸を下まぶたに注入することはほとんどありません。

そもそも形態の改善に乏しいのと、下まぶたの皮膚は薄いためヒアルロン酸が透けて赤紫色になってしまいクマが悪化したように見えるからです。

私の行うハムラ法は目尻付近で皮下眼輪筋にテンションをかけて固定をするので、緩みの少ない下まぶたを作成していきます。

抜糸は1週間後です。その翌日からお化粧が可能でしょう。
 

術前
直後。あかんべーにはなりません。

3M後。キズはさらに改善します。

術前側面。この膨らみはヒアルロン酸を入れるとさらに膨らんでしまいます。
3M後側面。ハムラ法は形態が美しくなります。
 
 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 

滝澤副院長のブログはこちら→「美のホームドクターを目指して」

院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村