よだ形成外科クリニックの依田です。

 

当院では、月に1回スタッフ全員で技術の確認や治療、施術の学習などを行い、みなさんへ満足のいく技術を提供できるよう研鑽しています。

 

 

今日の研修はケミカルピーリングです。当院は全員ナースです。 

 

本日は一重の方が、眼の開きをよりよくする、全切開+挙筋腱膜前転術の手術を受けられた症例を見てみます。

本日の方は額と眉毛を使い開瞼されるタイプで左右差もあるため挙筋腱膜前転術を併用した全切開を行いました。

 

挙筋腱膜前転術は術者によって手術方法や固定の仕方が微妙に異なります。

かなり高度手術なので、特に美容目的の場合は挙筋腱膜前転術の手術経験が十分あるドクターが行う方がよろしいでしょう。

 

また、固定の位置は黒目を重視して行うべきです。

容易につり目のように引き上がってしまいます。

術者のさじ加減が大事な手術ですから、手術の料金やクリニックの知名度のみで判断されるのは得策ではありません。

 

術後の経過によっては修正追加手術も必要なこともあります。

術者とよく打ち合わせをしてから取り組むことをおすすめします。

 

今回の方は経過も時間と共によくなり、人生もよくなられたと喜ばれておりました。

感謝のお言葉を頂いて、本当に何よりです。


術前、左側が下がっています。


デザイン。左右で皮膚の切除量を変えました。縦線は腱膜の固定位置です。


5日目。

1ヶ月目。左側が上がりきっていません。

5ヶ月目。力を入れなくても開瞼が良好です。

5ヶ月閉眼。

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら


よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 

滝澤副院長のブログはこちら→「美のホームドクターを目指して」

院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村