よだ形成外科クリニックの依田です。

 

先日の祝日に仙台駅から車にて20分ほどで行くことができる温泉街である秋保(あきう)に出かけました。

秋保大滝はこのところの雨で水量も多く見事でした。

良い温泉も多くあるので、仙台方面に旅行の際には秋保温泉に泊まるのもいいと思いますよ。


 本日提示しますのは、頬部のボリューム不足に悩まれていた方です。ヒアルロン酸による注入が流行っているこの頃ですが、ある程度の量を必要とするケースに異物であるフィラー(注入物)を使用することはおすすめしません。

 自分の脂肪でボリュームアップする脂肪注入を今回のケースは選択しました。

 脂肪注入は自分の組織であるから安全であるというフレーズで、何でもかんでも脂肪注入をすすめるケースもあるようですが、その説明には補足が必要です。

 採取した自己脂肪を注入してもその脂肪細胞に血流が再生されなくては自分の脂肪であっても「異物」となってしまいます。

 脂肪注入を成功させるには、①脂肪を壊さないよう愛護的に脂肪を採取する技術、②注入した脂肪を生着させるために少しずつ入れていく技術、③安定させるためのフォローアップ、④そもそも脂肪注入の適応箇所であるか、ということが重要になります。

このような努力をしても複数回の手術が必要となることもあります。

 顔面は血行が良好なため脂肪注入は良い適応といえます。

それに対して乳房への脂肪注入は議論が盛んになってきた昨今ですが、基本的にはおすすめできません。

それは、乳房を膨らませるのにはかなりの脂肪が必要であり、大量の脂肪が生着するのはあり得ないこと、生着しなかった脂肪はしこりになることがあり、そのしこりは乳癌検診の邪魔になり、乳癌の発見に支障を来すことがあるという理由です。他院で行われてきた乳房への脂肪注入後のトラブルケースをいくつも見てきました。あの不幸さを見ると、私は行えません。
 
 今回は太ももの内側から脂肪吸引でなく、脂肪注入用に丁寧に脂肪を約30cc採取し、それをきれいにセッティングし、頬部に片側約7ccの脂肪を注入しました。注入は一気に注入するのではなく、細かく、少しずつ深さを変えて注入していきました。


術前正面、両頬部のほほのこけた印象を改善したい


術前左斜位


採取した脂肪、アトラウマティックに採取していきます


微量に深さを変えて注入していきます


7日目正面、どのくらい吸収されていくか経過をみる必要があります。


ふっくらしてかわいくなりました。経過を丁寧にみていきますね!

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 


滝澤副院長のブログはこちら→「美のホームドクターを目指して」

院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村