よだ形成外科クリニックの依田です。

 

先日同級生のS先生が手術の見学に来ました。

S先生は眼科医で、形成外科の勉強もしています。

定期的に私のクリニックに来てくれて手術の勉強をしていきます。

私の手術でよければ、いつでも勉強に来て下さいね。

また年末にお会いしましょう。今度はゆっくりと飲みに行きますか。


眼瞼下垂を説明したTV番組が最近続けてありました。

その番組の影響でしょうか、患者さんの方から眼瞼下垂ではないでしょうかと診察を希望される方が多くなってきています。

眼瞼下垂にはいくつかの病態がありますが、多いのは腱膜性眼瞼下垂という病態です。

眼瞼下垂の特徴は、黒目の半分ほどがまぶたにかかり、眠そうに見える、まぶたのくぼみ、二重のラインの乱れなどと午後になるとまぶたの重みや頭痛や肩こりの随伴症状を伴うことがあります。

また、一重の人は二重の方に比べると黒目の見え方が悪く、一見眼瞼下垂のように見えます。

腱膜性の眼瞼下垂というのはまぶたを引き上げるスジ(腱膜)と瞼板という軟骨の付着部分がゆるんでいる状態で、頑張っても力が伝わらず、まぶたが開きづらくなります。

単に一重や皮膚が重くて目が開けづらいのか、それとも腱膜性の眼瞼下垂なのかは、眼瞼下垂手術に関わっている形成外科専門医ならおそらく診断が可能です。

過去には他院眼瞼下垂ではないかと診察希望したところ実は眼瞼下垂なのに、違うと言われ、ヒアルロン酸を上眼瞼に注入され、余計重くなったという方や、逆に眼瞼下垂ではないのに、あなたは眼瞼下垂だから自費の手術の方がいいとすすめられ、不必要な挙筋腱膜前転術を行われ、高額な治療費を支払い、びっくり目になって来院された方もいます。


保険診療の場合でも、二重を考慮に入れないでまぶたを切開し、どうしようもない左右差に仕上げられてくることもあります。

先ほど「おそらく」と申し上げたのは、形成外科専門医であっても眼瞼下垂の診断ができなかったり、あるいは治療費をかさ上げするため不要な手術をすすめ、実際行ってしまうケースをたまに見るからなのです。

挙筋腱膜前転術を行う際には保険診療だろうが、自由診療だろうが即決しないでいくつかのクリニックにて診察を受けて判断することが大事だと思います。


 術前。左側はくぼみが出現している眼瞼下垂です。

 術前上方視。

手術直後。腫れも少なく直後より眼瞼下垂が改善しています。


術後1ヶ月後。通常は1ヶ月目くらいから開いてくる感じがしてきます。

術後2ヶ月後。左右差は術後3-6ヶ月で良くなってきます。

 術後6ヶ月目。安定しました。

術後6ヶ月目上方視。スムーズな上方視が可能です。

術後6ヶ月目閉眼。キズは時間と共に馴染んでいきます。

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら


よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 

滝澤副院長のブログはこちら→「美のホームドクターを目指して」

院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村