よだ形成外科クリニックの依田です。

 手術で遅く帰宅することも多くなってきたのですが、先日夜遅くに帰宅すると息子たちが「カエルがもう2匹増えたよ」と。

なんとヒキガエルが3匹に増えていました。

このところエサ探しに夜な夜なコオロギを捕まえています。

寒くなってきてコオロギも少なくなってきました…。

開業して4ヶ月が経ちました。このところ、スムーズに手術の予約が入らずご迷惑をおかけしております。

原則的に初診当日の手術は行っておりません。

 

まずは診察して詳細にお話しし、その人その人に合った手術のプランやデザインを計画し、そして納得していただいてから手術の予約をしていただいております。

手術後は腫れ、内出血に対するダウンタイム、そして抜糸というスケジュールが必要となりますので、余裕を持った手術計画で望めるときに手術をしましょうとお話をしております。


特にメールにて診察、手術の予約をされる方は数日後の予約ですと対応できないケースもありますので、お手数ですが、約1~2週先のスケジュールをおさえていただけると助かります。


 腋臭症(ワキガ)は目に見えない悩みのために、相談しようにも躊躇される方も多いと思われます。

「他人が自分のことを臭うと影で言っている気がする」というように心理的にも悩みが及んでしまうこともあります。

 このような悩みにつけ込んで「特殊な○○法でワキガの手術を短時間で行っています」などと謳い、高額な治療費を請求するクリニックも実際にはありますので注意が必要です。

 ワキガの悩みを解決するにはいくつかのポイントがあります。

そのポイントを抑えれば満足のいく、後悔しない結果が得られることでしょう。

 ワキガであるかどうかは、①汗染みが黄色くなる ②耳垢が湿っている ③家族にワキガであると思われる人がいる、という3つが重要です。④ニオイを指摘された という点は、家族より指摘されたのならば信憑性はありますが、「ニオイがあるような振る舞いをされた」というケースは実は腋臭症ではない場合もあるので参考事項にしております。実際ワキガのかたは、診察室に入ると分かるものです。

 これらの主な原因は汗腺の1つであるアポクリン腺です。

よって、このアポクリン腺を減少させることがワキガ解消の解決へと近づきます。

 アポクリン腺を除去するのに色々な手術方法が提唱されていますが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

 写真のように、ワキガの方のアポクリン腺はザクロのように赤みを帯びておりしかも皮膚の裏側にしっかりとくっついています。

というのも汗腺は皮膚の一部だからです。


 ですから、吸引法のように皮膚の裏側を直接見ずにブラインドで行う手術方法は、確実性に劣るため、私の場合おすすめしておりません。
 直接汗腺を見ながら皮膚から取り去る組織剪除法をおすすめしております。

 

この方法はワキガのアポクリン腺に対する効果は1番だと思います。

しかしながら、正しく皮下を剥離して皮膚を翻転させる技術、術者として術後を管理する体制が必要ですし、患者さんとしても切開したキズ跡が多かれ少なかれ残ることとダウンタイムがあることが問題でしょう。

 組織剪除法は片側約60分必要です。また約7日間の固定が必要なため、私の場合片側ずつ手術を行っています。

無理に動かされると術後の経過が長引くため、手術される日取りが重要になります。

目に見えないニオイの問題ですから、確実性の高い手術方法をかたくなに行っております。

 


 ボツリヌストキシンを注射する「ボトックス」注入法ですが、多汗症には良い適応ですが、ワキガのニオイは無理です。

残念ながらニオイは抑えられません。

保険診療が可能かどうかは、診療を希望するクリニックにお問い合わせ下さい。

保険診療を行っていない施設では、どのような手術方法でも自費診療となります。


術前デザイン。有毛部+αで剥離。切開は3-4cm


ワキガの方はザクロのようなアポクリン腺がぎっしりあります


確認しながら剪除していきます



縫合をして、タイオーバー(圧迫固定)の準備


タイオーバー固定終了。圧迫して血がたまらないようにします。

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 


滝澤副院長のブログはこちら→「美のホームドクターを目指して」

院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村