よだ形成外科クリニックの依田です。

 

11月になりました。あと2ヶ月で今年も終わるのですね。

友人との忘年会の話もチラホラと入ってきています。

忘年会と言えば、東京警察病院時代は所属の形成外科はもちろん、中央手術部、放射線科、病棟、救急部、誘われれば他の科でも、アルバイト病院も…いくつ参加したことやら。

 

飲めて楽しめればなんでも参加していたのですが、警察病院を辞めてからは、ゴルフ仲間ともっぱら忘年会をしています。

今年は私のクリニックとしては、ささやかな第1回忘年会を開こうと考えています。

その次はえっと新年会をして…。

 本日紹介しますのは、大腿の脂肪吸引を行った方です。

脂肪吸引はただ吸引管を挿入して引けば取れるというものではありません。

脂肪は柔らかいし、血管もあります。

そのため、チュームセント液という血管を収縮させて出血を極力おさえる方法で手術を行っています。

吸引のイメージは深いところから浅いところへ層を意識して脂肪を取り去っていきます。

皮膚表面に近くなればなるほど、細い吸引管で凸凹にならないよう丁寧に取り去っていきます。

そのため、脂肪吸引は丁寧にかつ安全に行うと手術時間がかかるものです。

私の場合、手術時間が4時間を超さない程度で行える範囲が安全な脂肪吸引の目安と考えています。

特に太ももの場合、表と裏まで行うと長時間になるのみならず、全周の脂肪吸引は血行障害のリスクもあるため、表をまず行い、その後期間をあけて後面の脂肪吸引を行います。

安全にそして良い結果を得ることが特に脂肪吸引の場合とても大事なことだと考えております。

4時間クラスの脂肪吸引は私のクリニックの場合、ベテラン麻酔科医師による疼痛と意識の管理を行っております。

リスクの発生要因を少なくすることが安全な脂肪吸引を行うのにまず大事なことです。

今回は大腿の内側と表と膝周囲の吸引を行いました。後日側面と後面を行う予定です。



術前。内側と表、膝周囲を吸引予定。


術前斜位


吸引した脂肪


術後5日後。特殊なバンテージで固定するため内出血は少なく済んでいます。


術後約40日。柔らかくなってきました。表面も滑らかになってきました。


術後40日斜位。術後3ヶ月もすればもっとナチュラルになりますよ。

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 


滝澤副院長のブログはこちら→「美のホームドクターを目指して」

院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村