よだ形成外科クリニックの依田です。

 

 今年の夏は夏らしい夏となりましたね。

先日家族で、ハワイアンズリゾートスパに日帰りでプールに行ってきました。

平日にもかかわらず盛況で、なんだかとても安心しました。

地方のリゾートパークが軒並みなくなっていくニュースが多いですが、自分の小さい頃から有名であったところがなくなるのはなんだかさびしい感じがします。

船橋のザウスもなくなってしまったし…。

 お顔のたるみは、年齢と共に気になるものです。

たるみというのは皮膚そのものもたるむのですが、皮膚の下のボリュームのある皮下組織が重力などで下がってしまうのが主な原因です。

 

ですから、皮膚にハリを与える光治療やサーマクールに代表される治療にてたるみがまだまだ気になる場合は皮下のたるみが原因かもしれません。


 皮下のたるみを引き上げるにはフェイスリフトにて皮膚、皮下を持ち上げ、固定する治療が利にはかなっているのですが、ダウンタイムはしっかり目に用意しなくてはいけません。

また、フェイスリフトであっても、中顔面(ミッドフェイス)たるみである、頬や法令線の改善は不十分であることも否めません。

 今回ご紹介するのは、フェザーリフト(医療用の糸)で皮下を引き上げる方法の1つでありますシルエットリフトの患者さんを紹介しましょう。


 シルエットリフトは、糸に「コーン」と呼ばれる円錐状の吸収性の引っかかりがついており、これによって皮下を持ち上げる工夫がされています。またコーンとコーンの間には糸によるコブがあってその間をコーンが移動できるために皮下組織の可動性にもすぐれています。こめかみ上部の側頭筋膜上に糸を固定するため、引き上げの持続時間が長くなっております。

 

このためしっかりと中顔面(ミッドフェイス)を引き上げ、持続させることが可能です。



 従来の糸を通すのみのタイプや、糸にけば立ちがあるタイプの糸では、「糸が踊る」という現象、つまり糸が切れて移動してしまったり、けば立ちのためチクチクするというのが問題であり、またそのため持続時間が短くなることも指摘されておりました。


 溶ける糸の方がいいのでは?と質問を受けるのですが、私は溶ける糸はおすすめしていません。

 

それは、溶けてしまうと引き上げ時間が短くなるのと、やはり切れてしまって「糸が踊る」ことが多くなり、糸が皮膚から飛び出しで来ることがあるからです。

 本日の患者さんは、法令線と口角を若返らせたいという希望でシルエットリフトの治療を選択されました。

上口唇も魅力的にしたいという希望もありました。

過去には他院にて「こめかみリフト」なるものを受けたが全く効果がなかったとの訴えでした。


 シルエットリフトは片側4本、上口唇にはフォーテリスというヒアルロン酸を使用しました。


 掲載する写真は、術直後のもので、頬部にはシルエットリフトが通った跡が見ることができます。

ここにはテープ保護をして帰宅していただきます。

数日でお化粧にてカバーすることが可能です。


口角のたるみと法令線~頬部のコントロールを希望。また上口唇を魅力的にしたい。



手術直後シルエットリフト4本×2。大きな腫れや内出血もなく良好な結果。

 

口角、法令線~頬部の引き上げのみならず、こめかみにもハリがでました。

上口唇もふっくらと強調することができました。

糸の貫通した跡は数日でお化粧にてカバー可能です。

 

よだ形成外科クリニック 仙台駅前 美容外科・形成外科・美容皮膚科

980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-1-6 Ever-i仙台駅前2F

予約専用 022-266-1120

仙台二重・眼瞼下垂・埋没法二重・フェイスリフト・ヒアルロン酸注射・豊胸・脂肪吸引・レーザー脱毛・M22

よだ形成外科クリニックオフィシャルサイトはこちら

 

よだ形成外科クリニック二重・目元サイトはこちら

 


滝澤副院長のブログはこちら→「美のホームドクターを目指して」

院長のtweitterのフォローをお願いしますhttps://twitter.com/yodaclinic?lang=ja

 

↓↓↓ 参考になった方はクリックをお願いいたします!

にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
にほんブログ村