♪ バクロフェン髄注療法を続けていて、改めてバクロフェンの量の調整に難しさを感じている。 | ひまわりのように♪♪脊髄小脳変性症とともに

ひまわりのように♪♪脊髄小脳変性症とともに

 私は神経難病の脊髄小脳変性症(病型:遺伝性痙性対麻痺)となった保健師です。
 ここでは神経難病との日々の付き合い、生活の中で癒された楽しかった事などについて綴ってみようと思います。同病の方や同じ症状が現れている方の参考になったらと思います。


テーマ:

 バクロフェン髄注療法を受け始めてもう6年半以上経っているが、最近は病気の特性である症状の緩徐進行性というものによってなのか、両下肢の踏ん張りが徐々に利かなくなってきているようである。

 

 併せて両下肢の痙性(つっぱり感)も増強することしばしばという状態で、1ヶ月毎の通院時に神経内科医のH医師にバクロフェン量を2%~3%ほど増量していただき、痙性軽快を図ってきたところである。

 

 

 

 最近は、日中はそれほど痙性による不快感は感じないものの、就寝後に両下肢の痙性による不快感が出現し眠れないこともあり、いったん起きてトイレに行って両足関節のストレッチをしてから再び寝入るようにしてみている。

 

 痙性の改善だけを考えると、次回受診時にバクロフェン量を増やしてもらって痙性軽快を図れば良いのだが、バクロフェン量を増やすと筋弛緩作用で両下肢の筋肉の緊張感もゆるんでしまい、踏ん張りが利かず不安定歩行であったりかなり努力性の移動動作となってしまうのだ。

 

 まだ頑張って室内や外出時にちょっとしたところくらいであったら杖歩行を続けたいと思っているので、痙性が現れてしんどくてもバクロフェン量を増やさずに生活しようと考えているところである。

 

 まだまだ私よりあれこれ大変な症状をいくつも抱えて生活されていらっしゃる方のことを考えると、まだ

私なんて軽症だなと思ってはいるが・・・・・・・

 

 少しでも早く対症療法ではなく根治療法が見つかり、その治療を受けられたらと期待しているが・・・・

 

 そう思ってもう何十年になるのだろうなあ・・・・・・そう思いつつ日々、手抜き家事をしたり、独り暮らしの要支援2の父のところにけんか相手になりに行ったり、デイや通院リハビリに通ったり、趣味の籐編みや押し花をしたりしているところである。

 

 新たな籐編みのファイルケースをiichiに出品させていただいた。

 

 

           わたしのiichiショップをちょっとのぞいてみて下され~

 

 

 

ヒマワリ 私が編んだ籐かごのネットショップです                                   

  やじるし やじるし  北海道 十勝かご yoco  ヒマワリ   のぞいてみてくださいね。

 ヒマワリ  ヒマワリ     クリックしていただけるとうれしいですI I 
 
      ヒマワリ ランキングにも参加させていただいております。
参考になった、感動したカテゴリーにクリックしていただけるとうれしいです。
          ヒマワリ  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 北海道情報へ ヒマワリ にほんブログ村 病気ブログ 脊髄小脳変性症へ ヒマワリ にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ  ヒマワリ  


  ペタしてね 

yocoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。