・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ウッディー君がブログ書いてます。読んでね。

https://ameblo.jp/yo-chan-mam/

宇宙人男子・ウッディーのブログ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

9月9日早朝、我が家に襲った停電と断水のため、

書きかけだったブログがアップできませんでした。

その後、進展もあったので

後でパワーアップした形でアップしますね~。

 

と、言うわけで、本題。

 

最近、男女関係についての勉強などをやっていたところ、

自分にとって苦しくなる現象が連発し、

もう、女なんてやってられねー!コノヤロー!状態に陥り、

女性恐怖症、もとい、女性拒絶症を発症している

あにー様。

 

なにが起こっているのか????

 

一つは、女性とは「こういうものなのです」ということ。

それで、女性特有の嫌な面が私の前にたちはだかり、

もう、いやだーーーーーー!!!!という状態に。

 

しかし、これって、女性はこういうものだというところにたどり着くソースがあるわけで、

分析して、統計をとったらこうなっただけという事なんだろうな。

 

したがって、私がこうならなければならないというわけでもないわけで。

 

しかし、「こう」なりかかっている自分がいるわけで。

 

それで、自分のなかの「あにー様」が大暴れをしている状況。←いまここ。

 

 

女性は感情が豊かである。

ただ、感情がぶれると恐ろしいことになる。

感情のコントロールが効きにくいのも女性に多い現象。

 

息子のウッディー君に聞いてみた。

彼には右脳と左脳を繋ぐ脳梁が無い。

 

これってどうしたらいいのかな~と。

 

あっさり、「僕には経験がないからわからない。」と。

 

感情がぶれないのだ。確かに。

 

問題解決は、自分のデータベース(それも数多く訓練したもの)で

なんとかやっていくようだ。

 

感情は全く別なところにあるらしい。

 

ただ、その感情に変な形でアプローチされると

自分でストップをかけたくてもかからなくなるようで

それを一番懸念しているということ。

 

 

・・・・・なるほど。

 

 

では、男性はどうして問題解決が早いのか。

 

また、共感されるよりも問題解決が先なのか。

 

そこで、あにー様は考えた。

 

 

女性は、まず、何かが起こると、右の脳(感性)の脳で反応する。

そこで感情がぶれると、ちょっとパニクった状態になる。

それを左の脳で問題解決するのだが、そこに登場するのが脳梁である。(あくまでも仮定だが)

 

また、女性は、問題解決時に「共感」が必要になる。

男性が「問題解決」のヒントなんか出してしまったとたんに

ブチ切れる女性が続出する!!!(という場面によく遭遇する)
 

女性はすぐに問題解決することができないのだ。(多くの場合)

 

 

男性はそこで困ってしまう事が多いのではないかな。(我が家の犠牲者、2名ほど)

 

 

そこで、男性のように

左の脳だけで問題解決ができないものだろうか・・・とあにー様は考えている。

 

 

学生時代にたくさん勉強した人は、

左の脳が発達しているみたいで

男性ともうまくやっていけるようなのだけど。(でも悩んでいる人結構いるけどね)

 

 

脳梁って、そういう事なんだ。

 

お医者さんは「脳梁の役割ってあまりわかっていない」と言っていたが、

実はそういう事なんだ!

 

 

と、勝手に思ったりしたあにー様でした。

 

 

つづく。

 

ぱわふるあにー

 

 

 

 

ブログ村&ブログランキング始めています。

 

気に入ったらポチっと宜しくお願いしますm(__)m

 

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

 


育児ランキング