・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ウッディー君がブログ書いてます。読んでね。

https://ameblo.jp/yo-chan-mam/

宇宙人男子・ウッディーのブログ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウッディーのブログを受けて、今日は書いていきますね。

 

ウッディーが、スリランカの自爆テロの映像を見て

いろいろと考えたようだ。

 

彼は、小さいときに

お釈迦様やイエス様、その他いろいろな

人間として生きていくことの知恵を書いた本を

読み漁っていた時期がある。

 

正直、中にある写真が好きだったのかな~と

たかをくくっていたのだが、

どうやらそのようでなく、

確実に知恵を学んでいたところがあったようだ。

 

以前いた研究所の仲間や先生の話だと、

プログラムを進めていくうちに

比較的、哲学や宗教については興味を持つ子が多かったらしい。

「脳に障害を持つ自分」の意味を知りたくなってきたり

自分の生まれてきた意味を考えたりする子が、結構な人数いたそうだ。

 

その時には、一つの宗教書だけでなく、いろいろな宗教を学ぶといいとアドバイスを受けた。

仏教、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教、ギリシャ神話、日本の古事記や日本書紀などなど。

それで世界中のいろいろな考え方が理解できるということもあるそうだ。

 

 

幼稚園や小学校低学年の読むものとはとても思えないという

大人の勝手な信じ込みもあったのだが、

そんなのものともせず、どんどん読んでいくウッディー君とその仲間たち。

確かに2週間に30冊以上の本を読み漁ればそうなるかwwwww。

 

 

彼はどうやら、この「人類の知恵」の部分に関することで

やりたいことがあったのではないかと思うこともある。

(まあ、名前が仏教の僧侶のような名前なので

出家してもそのまま使えたりします(笑))

 

 

 

ただ、自分の社会での立ち位置に対して

 

もう、ここからは抜け出ることができないということとか

ここにいると居心地がいいから、もう、これでいいやっとおもったり

 

できることをできないという風に伝えるほうが

社会では有利だということを学んでしまったために(←これは親にとってもまさかの展開)

 

相当なストレスをためていたようだ。

 

 

それで知恵熱出したか~。

 

 

ウッディーの知能検査のレベルで

投薬治療をしていない(表向き、精神障害を併発しているということになるのかな・・・ちょっと違う気もするけれど)

のはとても珍しいらしい。

 

つまり、精神障害者ではないのだけど、(お医者さんのお墨付き💛)

学校などでは、そのようなカテゴリーに入れられてしまっていたために

 

当然、考えていることがないということ、理解力がないということにされてしまって

 

社会の中では、だんだん自分が自分でなくなってしまっているということに

悩まされていたようだ。

 

 

また、学校での指導でも、多くの支援を受ける「知恵」として

多くのことを「できないと伝えるように」という指導を受けていたし。

 

でも、できないということを伝えると

目の前のものが消えていくんだということをウッディーは言っていた。

つまり、できないということで、やる必要がなくなるということ。

そして、二度とその物事が目の前に現れることがなくなるということ。

 

これは、ものすごくつらかったそうだ。

相当なストレスをためていたんだね。

 

これも、「脳は再生しない、脳障害は悪くなってもよくならない」という

まだ研究途中でもある「脳」についてのことでの

前提からきている行政や教育や社会があるので

ごもっともといえばごもっとも。

 

 

すべてが善意から成り立っているのだけど、

人数が多すぎたり、障害が多岐多様にわたっているので

もはや、フォローが追い付かないのかもしれない。

ウッディーはそのことを理解して、自分でできることと

スイッチを切ることをおぼえた。

 

自分でスイッチを切っているという自覚があれば、いいのかな。

 

 

 

でも、最近スイッチはいらなくなってしまったとか言ってるがwwwww

まーそのうち入るだろう(笑)

 

そんなことを感じている今日この頃です。

 

続く。

 

 

ぱわふるあにー

 

 

 

ブログ村&ブログランキング始めています。

 

気に入ったらポチっと宜しくお願いしますm(__)m

 

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

 

 


育児ランキング