ドクトル・ジバゴ

テーマ:

2月24日(土)15:00〜

ドクトル・ジバゴ @赤坂ACTシアター
 
星組さんのドクトル・ジバゴを観にアクトシアターへ。
久々だな~アクト。スカピン以来。
 
原作は未読。
 
主演は専科のイシちゃん。
帝政ロシア末期の貴族のおぼっちゃんです。
1幕はそれはもう素晴らしくて、なんて佳作だ!!
と、うなりました。
 
せおっち。知ってはいるけど、あまり星組は観ないのでどんな役者なのかは知らなかったんだよね~。
そしたら!!
素晴らしいじゃないの!!
劇団の廊下で会ったらカッコつけてくれる人、という認識だったのにw
なんていい役者なのだ。
 
そしてそして天寿みっきぃーーー!!
あんなに可愛かったてんてんが、こんなお髭の似合う黒いエロおやじになってしまうとは!!
(もうMVP)良かったよ良かったよ。
お姉さん感激だよ。
 
セットも素敵だったし、ライティングも良かった。
リンカーンと同じ感じだったけどw
 
イシちゃんも信念のある若い医者で素晴らしかった!
 
だのに。
2幕になったらただの安っぽい昼メロな不倫物語になっていた。。。。
(ドン引きw)
ていうか、ユーリとラーラってどこでひかれあったわけ??
まぁユーリはなんとなくわかるけど、ラーラって完全に出て行ったせおっちの変わりとしてユーリとくっついた、って感じだったし。。。
 
ユーリは完全に判断を間違ったな!って感じだった。
ないわ~~~w
ってずっと思っていたら終わった・・・・!
 
恋愛がからんじゃうととたんにダメな感じな脚本かな?
なんか役者は良かったのにもったいないね。
 
小桜ほのかちゃんて可愛いしお歌も上手いのね。
あと、電車でスリに間違われたコも可愛かった!
 
 
{60F072C6-1A6D-4AD6-B479-777159E3E970}

 
 

主な配役

ユーリ:轟悠

ラーラ:有沙瞳

エゴーロヴナ白妙なつ

コマロフスキー:天寿光希

アレクサンドル:輝咲玲央

ヴォロニューク:瀬稀ゆりと

ガリューリン少尉:麻央侑希

オーリャ:紫りら

パーシャ(のちにストレリニコフ):瀬央ゆりあ

アマリヤ:白鳥ゆりや

リヴェーリ:ィ朝水りょう

ミーシャ:天華えま

ワーシャ天希ほまれ

トーニャ:小桜ほのか

ニーカ天路そら

ヴドヴィチェンコ:蒼舞咲歩

サムデヴァートフ:朱紫令真

スヴェンチツキー:伯爵颯香凜

竜騎兵の連隊長:夕陽 真輝

号外売り:天飛華音

フレリー:都優奈

アンナ澄:華あまね

トーニャ(少女時代):星咲希

赤軍兵:紘希柚葉

ユーリ(少年時代):瑛美花れな