11月4日(土)15:30〜

神々の土地-ロマノフたちの黄昏-/クラシカルビジュー@東宝
VISA貸切
 
あらすじ:

1916年、ロシア革命前夜。

帝都ペトログラード(サンクトペテルブルク)で囁かれる怪しげな噂。

皇帝ニコライ二世と皇后アレクサンドラが、ラスプーチン(愛月ひかる)という怪僧に操られて悪政を敷いている——。

折からの大戦で困窮した民衆はロマノフ王朝への不満を募らせ、革命の気運はかつてないほどに高まっていた。

 皇族で有能な軍人でもあるドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ(朝夏まなと)は、皇帝の身辺を護るためペトログラードへの転任を命じられる。

王朝を救う道を模索する彼にフェリックス・ユスポフ公爵(真風涼帆)がラスプーチン暗殺を持ちかける。

時を同じくして、皇帝から皇女オリガ(星風まどか)との結婚を勧められるドミトリー。

しかしその心を、ある女性(怜美うらら)の面影がよぎって…

凍てつく嵐のような革命のうねりの中に、失われゆく華やかな冬宮。

一つの時代の終わりに命燃やした、魂たちの永遠の思い出。

 

まぁくんの卒業公演。
なんとまぁ良作なことか。
サヨナラ公演でこんな良い作品とかマジ羨ましい。
お衣装も大変好みであります。
 
宛書って素晴らしいなぁ。
座付き作家の腕の見せ所よ。
 
まぁ君は皇帝ニコライ2世の甥、ドミトリー・パブロヴィッチ・ロマノフ。
美しく、有能でロマノフ王朝の存続をかけて様々な思考をめぐらせる。
軍服姿が映えること!
あの大階段を使った軍服祭りなんだ!?
カーテン開いての赤絨毯を敷き詰め。
もう好みすぎて卒倒しそうだった。笑

その彼が想いをはせるのは亡くなった叔父の妻、大公妃イレーネ。
うらら嬢であります。
うららの美しいことったら!!
誰かの妻でありながら(夫は故人だが)まぁ君がホレるのは翼ある人々を連想させるけれど。
この距離感がいいのかな。
秘めたる想いってなんかイイよね。。。キョロキョロ
最後来るところとか、もうたまらん好きですああいうの。
 
上田久美子先生が、歌劇でうららへ
『さようなら、美しいひと』って書いていたが、まさにそれだ。
私はまぁくんの公演で一番すきだったのが「翼ある人々」だった。
私の中でまぁくんをよりステキにみせていたのはうらら嬢なのだ。
このコンビが好きだった。
 
『役に立たないロシア語口座』も好きな場面。
 最後のずんちゃんのソロも素晴らしかった。
というか、ずんちゃんの真飛化が止まらない!!笑
ほんとますます似てきたわびっくり

すっしー、りんきらなど男役の女役。
これが当たりだったと思う。
そして、せーこやあおいちゃん。
怖い。笑
似合いすぎる。

跡を継ぐまかたんは、怪しげなお坊ちゃん。
色々と胡散臭いけど。笑
この2人、なんでも、なんと、な関係だったらしいじゃないのさ。
ほほぅ。。。ニヤリ

最後、銀橋でソフト帽、トレンチなまぁくんはオサの最後を連想させた。
良い旅立ちで有りますように。。。


ショーはクラシカルビジュー。
稲葉くんにしてはちょっと物足りないショーかなぁ。
いつもよりアッサリ、そしてデジャヴな感じ。

まぁくんのお衣装光ってたなぁ!笑
キラッキラなビジュー祭り。

娘役に囲まれてのハーレムとか。
なんとなくだけど、エキサイターの幕開きのドリームゲートキーパーを思い出した。
なんとなく。。。
懐かしいな。

あと10日で卒業ですね。
退団者の皆さまに幸あれ〜〜おねがい
 
 
{97ED1558-93BC-4F73-A8A0-E65A3D83C150}
 
{CD692165-E72D-400F-9876-363B71B32AE3}
 
{4A058539-F84B-4B35-8F4D-FB09A9FA97AD}
 

親不知生えてた。
{9C8AC50C-409F-48E8-9958-9665E8744D34}
 

主な配役

 

ドミトリー・パブロヴィチ・ロマノフ【皇帝の従兄弟、帝国軍人】朝夏まなと

フェリックス・ユスポフ【ユスポフ家の嫡男、ドミトリーの旧友】真風涼帆

大公妃イリナ(イレーネ)【セルゲイ大公妃、皇后アレクサンドラの妹】伶美うらら

皇女オリガ【ニコライ二世の長女】星風まどか

 

皇太后マリア【ニコライ二世とクセニヤの母】寿つかさ

大公妃クセニヤ【ニコライ二世の妹、アリーナの母】美風舞良

ジナイーダ・ユスポワ【フェリックスの母、女相続人】純矢ちとせ

ロフチナ夫人【ラスプーチンの狂信者、聖痴愚[ユロージヴァヤ]】花音舞

コンスタンチン・スモレンスキー【近衛騎兵将校、ドミトリーの同僚】澄輝さやと

ヤナ【活動家、ジプシー酒場のダンサー】綾瀬あきな

皇后アレクサンドラ【ロシア帝国皇后】凛城きら

ニコライ二世【ロシア帝国皇帝】松風輝

ラスプーチン【宗教家、呪術師】愛月ひかる

家令ポポーヴィッチ【セルゲイ大公家の家令】星吹彩翔

ラッダ【ゾバールの姉、ジプシー酒場の歌手】瀬音リサ

貴婦人ベルセルスカヤ【将校の妻】愛白もあ

ウラジーミル・ボルジン【近衛騎兵将校、ドミトリーの同僚】蒼羽りく

ミラ【活動家、ジプシー酒場のダンサー】

結乃かなり

イワン【農夫】風馬翔

ロパトニコフ長官【内務省警察部長官】美月悠

貴婦人チチェーリナ【将校の妻】花咲あいり

貴婦人バクーニナ【将校の妻】桜音れい

ガリツキー将軍【軍部の重鎮】星月梨旺

ゾーヤ【活動家、ジプシー酒場のダンサー】愛咲まりあ

近衛騎兵将校ベルセルスキー【ドミトリーの同僚】春瀬央季

ゾバール【活動家、ジプシー酒場のダンサー】桜木みなと

近衛騎兵将校バクーニン【ドミトリーの同僚】実羚淳

公女アリーナ【ニコライ二世の姪、フェリックスの婚約者】彩花まり

ネッリ【活動家、ジプシー酒場のダンサー】涼華まや

イーゴル【活動家】朝央れん

近衛騎兵将校チチェーリン【ドミトリーの同僚】七生眞希

マキシム【活動家、ジプシー酒場のダンサー】和希そら

ゴロヴィナ嬢【ラスプーチンの狂信者、聖痴愚[ユロージヴァヤ]】瀬戸花まり

エルモライ【活動家、ジプシー酒場のダンサー】秋音光

貴婦人ゴンチャロワ【将校の妻】里咲しぐれ

近衛騎兵将校イズマイロフ【ドミトリーの同僚】秋奈るい

皇太子アレクセイ【ニコライ二世の長男】花菱りず

近衛騎兵将校ゴンチャロフ【ドミトリーの同僚】水香依千

リナト【活動家】朝日奈蒼

キリチェンコ【秘密警察工作員】留依蒔世

皇女タチアナ【ニコライ二世の次女】遥羽らら

貴婦人イズマイロワ【将校の妻】小春乃さよ

コーリャ【活動家】穂稀せり

ロマン・ポチョムキン【近衛騎兵将校、ドミトリーの同僚】瑠風輝

ミーチャ【ラッダとゾバールの弟、ギター弾き】優希しおん