先日、参加したベジタリアン栄養学の講座で習った、約2日間のシンプルデトックスプラン。

 

一般的にいわゆるフルーツ断食と言われるもので、生のフルーツだけ2日間(正確には一日半)、食べる、というものです。

ちょうど、まったく予定がない二日間があったので、チャレンジしてみました。

 

先生から習ったデトックスプランはこんな流れです。

前日 夕食をVEGAN(肉、乳製品、卵などの動物性食品を一切抜いた)お粥

1日目 丸一日、フルーツ、フルーツジュース、薄い塩水にレモン汁を混ぜたもの 

※フルーツジュースは市販の還元濃縮のものではなく、本物のフルーツから、しぼりたてのもの。

2日目 朝食、ランチは1日目と同様。夕食にVEGANのお粥

 

私は普段から、ほぼVEGANなので、VEGANのお粥を食べるのは全くOKですが、フルーツやフルーツジュースだけだと、身体が冷えそうで、このフルーツ断食には躊躇していました。フルーツは身体を冷やすものなのです。

ただ、最近、「なんか食べ過ぎている?身体が重いかも?」と感じていたので、トライしてみることにしました。

 

まずは、近所のオーガニック食材店でフルーツを準備。

一日で1㎏位、フルーツを消費するので、かなりの量です。写真はだいたい1㎏の量です。

 

Fasting関連サイトで調べたところ、デトックス効果が大きいフルーツはリンゴりんご、かんきつオレンジ、ブドウぶどうだそうで

りんごとオレンジを買いました。ブドウはなかったので、私が好きなグリーンマンゴーを代わりに購入しました。

ちなみに、腹持ちがいいバナナは炭水化物豊富で、デトックス効果は薄いそうですバナナ

私はクリーミーで濃厚な味わいのフルーツ、アボカドとかドリアンが好きですが、これらもデトックスには不向きだそうタラー

 

このフルーツ断食、お腹がすいたら、フルーツを食べればいいので、「空腹で死にそうゲッソリ」という思いをすることはありません。

身体が冷えないように、フルーツは常温に置いておいたものを食べます。断食中は水分をたくさん取ることもポイント。私は身体が冷えやすいので、お湯を飲んでいました。先生から習ったデトックスプランでは、薄い塩水にレモン汁を混ぜたもの も飲みますが、これもお湯にロックソルト、レモン汁を入れて飲みました。部屋の冷房も切っていたので、冷えを感じることなく、2日間が過ぎていきました。

 

一日目はすんなりと過ぎていったのですが、二日目の昼近くごろから、「お米が食べたいチーン」という思いが強くなってきました。

お腹が空いたら、フルーツを食べればいいので、空腹感はさほどないんですけどね。

デトックス中は頭痛や鼻水など、風邪に似た症状が出てくる人もいるそうですが、私は幸いにもそれは出ませんでした。

ただ、プールから上がった後のような、ちょっとけだるい感じが2日目には出てきたので、ゆっくり休んでいました。

デトックス中はゆったり過ごすこと、しっかり休むことが大事だと習ったからです。

 

お米を食べたい衝動をなんとか2日目の夕食まで抑えグー、一晩明けた翌日。

朝ごはんのおいしさをかみしめた後の昼頃から、、

 

身体が軽い!身体も頭もスッキリしてる感じルンルン

 

 

腸がすっきりすると、身体全体がスッキリするということを実感しました。

もともと便通は極めて良好なんですが、それでも何か溜まっていたものがあったんですね。

それが出て、すっきりした感じです。

 

約2日間のシンプルデトックスプラン、フルーツ断食、また定期的にやってみようと思います音符

 

※フルーツ断食を始めとした断食(ファスティング)は身体が弱っている時に行うのは、大変危険ですので、

決して気軽に行わないでください。

実施する場合は、専門家のアドバイスのもと、行ってください。