白井先生は、

私たちが資料に目を通すのを待って、

 

「昭和二十三年(一九四八)京都でジフテリアの予防接種による、

集団事故があったことはご存知ですか?」

 

 

「いいえ知りません。そんなことがあったのですか? 

その資料は私たちにも入手できるでしょうか。

どこに行ったら分かるでしょうか」と、私たちは立て続けに聞いた。

 

「京都の府立図書館にあると思います」

 

先生から聞いた新しい情報に、

私たちは喜びを隠し切れなかった。

 

「これからも出来る限り力になりますから……。

体を壊さないように」

との先生のやさしい言葉に送られて、病院を後にした。

 

外はもう日が落ちて、

行き交う人の波が忙しく揺れていた。そんな中を、

私たちも最終の飛行機に乗るために急いだ。

 

飛行機の座席に肩を並べて

「無理をして東京まで白井先生に会いにきてよかった」と、

二人で喜びを噛みしめた。