だんだんと暖かくなってきましたね。
この時期から気になってくるのが花粉症ですね。
そもそも花粉症とは何でしょう?
アレルギー反応なんですね。
アレルギーを辞書で引くと「免疫反応が特定の抗原に対して過剰に起こることをいう」とあります。
花粉症に当てはめると、「免疫反応が花粉に対して過剰に起こっている」ということです。
過剰に反応しちゃってるんですね。

免疫が過剰に働いているというのは、免疫力が高いのでしょうか?
低いのでしょうか?
 
実は、免疫には①自然免疫と②獲得免疫があるんです。
 
例えば、ウイルスが鼻から侵入してきた時、まずは「自然免疫」が働きます
鼻毛がフィルターの役割をして、吸着し、鼻水の中には
リゾチームという強力な殺菌剤が含まれています。
 
このリゾチームは、唾液や涙、汗にも含まれています。
これが第1段階の防御システムです。
 
ウイルスなどが、これを突破すると、第2段階の防衛システムが働きます。
ナチュラルキラー細胞が侵入者に襲いかかって殺し、マクロファージや好中球がこれらを食べます。
好中球は食べた後、自爆してウミになります。
ここまでが「自然免疫」の働きで、これらの働きが高いことを俗に「抵抗力がある」と言っています。

アレルギー反応は第3段階の防衛システムである、「獲得免疫」と関係しているんです。
 
話を続けますが、内容を映像として想像できると、気功に応用したとき効果が増します。
できれば映像を思い浮かべながら読み進んでみてください。
 

第2段階までの防衛力が弱い場合や、ウイルスの力が強い場合、細胞が次々に破壊され感染が広がります。
そこで登場するのが、第3段階の防衛システム。「獲得免疫」です。
 
より強力で高性能の武器を作ることができるエリート免疫細胞たちのチームです。
(胸腺という免疫教育機関で超優秀な成績を修めたものだけが胸腺を卒業し、全身で活躍できます)

(樹木の形に似ている)樹状細胞が、ウイルスや異物に襲いかかって食べ、その破片を掲示板に貼り付けます。
(掲示板は樹状細胞の表面にあります)
 
その掲示板の情報をヘルパーT細胞が読み取り、B細胞に伝えると、B細胞は(スーパーマンのごとく)変身して抗体産生細胞となります。
そして抗体(武器≒ミサイルのようなもの)を製造するのです。
この抗体を敵に向けて発射し退治します。
その情報をメモリーT細胞、メモリーB細胞が記憶しておき、2回目以降の侵入には素早く対応するというのが一連の免疫反応です。
そして免疫反応が過剰にならないようにコントロールするのがサプレッサーT細胞です。

「NHKスペシャル 人体」では「体中の臓器(細胞)がそれぞれ情報をやり取り(会話)している」ことを明らかにしていますね。
当然、私たちの意識(脳)とも会話をしています。
 

【気功への応用①】
まずは基本となる呼吸法(ゆったりと深い呼吸)を行い、「自然免疫」の機能を高めます
「自然免疫」の段階で防衛できれば、獲得免疫は作動する必要がなく、したがってアレルギー反応も起こりません。
全身がリラックスし、隅々の細胞まで酸素を届けて、血液中のブドウ糖をATP(エネルギー)に変えます
全身の細胞が活き活きとします。
※酸素がない場合、2個のATPを作ります。酸素がある場合、38個のATPを作ります。
 
【気功への応用②】
そして、こちらから免疫細胞たちに語りかけてみましょう
「いつもカラダを守ってくれてありがとう。過剰に反応しなくても大丈夫だよ」
そして、カラダからのメッセージも、よーく聴きましょう。
 
全身の細胞に語りかけてみましょう。
「○○さん、いつも○○してくれてありがとう」
 
日常の生活の中でも、これらの言葉を細胞たちにかけます。
 
※気功は、いかに現実味を感じながらできるかがポイントです。
そのため、生物学や物理学など自然科学を理解することで効果が高まります。
「豊岡整体よぼう」の気功コースでは、イメージしやすいイラストなどを使用します。
 
 

兵庫県豊岡市若松町2-38 豊岡整体よぼう

0796-22-5660