いじめてしまう大きな原因として

自分に価値を感じることができないので、他人の価値をおとすことによって優越感(ゆうえつかん)を感じようとしてしまうんだ。

でもこれは、無意識(むいしき)レベルで起こってしまうので、
“意識して”「自分が今、何を感じているのか」を確認(かくにん)することが大切なんだ。

イジメをやめる方法②で書いたように
「はずかしい」「かなしい」「なさけない」「さびしい」などなど
そう感じていいんだよ、と。
   [自己受容(じこじゅよう)]

ほかにも自分に価値があると感じられる方法がある。

それは、世の中の役に立ちそうなことをやってみるんだ。

どんなちっぽけなことでもいい。
むしろ小さいことからはじめよう。

「世の中の役に立つこと??そんなの、やりたくねぇ・・・」って思う人もいるかもしれない。

「そんなの偽善者(ぎぜんしゃ=うわべだけで、良い人ぶったニセモノ)だ」と。
そう思ってきたから、今までできなかったのかもしれない。

誰からから良く見られようとして、それをするなら世の中の役に立ちそうなことをしているんじゃなくて、
「誰かから良く見られるようなこと」をしているんだ。

そうではなく、自分が本当に「世の中の役に立ちそうなこと」と思っていることをするんだ。
大切なのは、自分がそうすることに価値を感じていること。

誰からもほめられなくてもいいよね。
誰からも“いいね”をもらえなくてもいい。
自分の行動したことに価値があるんだから。