こんにちは、寺澤です。

先日無事にワクチン接種をしてきました!2日間、筋肉痛のような痛みがありましたが3日目にはほとんど何も感じない程度です。

 

8月7日・8日は二回目のワクチン接種のためお休みさせていただきます。

 

 

 

さて、健康チェッククイズ、最後の回答です。

 

Q5,どうして血圧が高いと心肥大や動脈硬化が起こりやすくなるの?

 

高血圧とセットで紹介される心肥大と動脈硬化。3つの関係は是非覚えておきましょう!

 

・動脈硬化について

 

最初の解説で、高血圧の解説をしましたね。

 

血圧140は、一回の心拍で2mの血飛沫を上げるほどの力を持っています。

ヤバいですね。

 

1日の心拍数は10万回。この強さの圧が、血管の内側に10万回ドッカンドッカンぶつかってくるわけです。血管にしてみればたまったもんじゃありません。

この力によって、血管の内側=内皮が怪我をします。内皮には動脈硬化を防ぐ役割があるのですが、怪我をすることでその働きがなくなり動脈硬化を招いてしまいます。

 

次に、その内皮の怪我からLDLコレステロールを運ぶ「粒子」が滲み出てきます。この粒子が血管内に侵入すると酸化LDLになります。

この酸化LDLは、本来血管内にいてはならない存在です。マクロファージが出動し酸化LDLを捕まえて消化するのですが、量が多すぎると消化しきれずに死んでしまい、粥状の死骸となります。これが血管に溜まり、プラークというコブになります。

このプラークが大きくなると「繊維化」が起こり、さらに血管は硬くなってしまいます。

「う〜ん血流が悪いなあ…プラーク邪魔だなあ…」

 

さらに、このプラークが血管内を塞いでしまうと血栓になり血流を止めてしまいます。

心臓を動かす筋肉が詰まると心筋梗塞、脳の血管が詰まると脳梗塞になるのです。

 

脳の血管は小さく破裂しやすいので、脳卒中・脳出血が起こりやすくなっています。

「だから高血圧は気をつけろって言ったのにぃ〜!」

 

 

 

・心肥大について

 

次に、心肥大について。

高血圧で血管はひどいダメージを受けてしまいますが、心臓はどうでしょう。

 

「めっちゃ強い圧を出さないと!頑張って動くぞ!マッスルマッスル!!」

 

心臓は強い血圧を生み出すために日々働き続け、筋肉がムキムキに大きくなっていきます。これが心肥大です。

 

「え?心臓が強くなるのはいいことじゃないの?マッスル!」

 

 

筋トレ好きの方ならご存知と思いますが、筋肉を鍛えるより大切なのは「休息」です。

休息を取らないと筋疲労が起こり、硬くなり、痛くなり、成長ホルモンも出ず、良いことがありません。

 

体の筋肉なら自分で休憩を取れますが、心臓はどうでしょう。

 

心臓が休息する時とは…もうお分かりですね。

心不全です。

 

 

このように、高血圧は普段症状がない代わり、ある日突然命の危機に晒されます。

 

これが80代・90代の高齢者なら年相応とも言えますが、

青森県の場合、なんと40代・50代の若い世代で好発しているのが特徴です。

 

あの時ちゃんと検査していれば…

言われた通り薬を飲んでおけば…

 

そんな後悔をしないために&させないために、

健康診断をしっかり受け、自分の体を大切にしましょう。

 

 

 

寺澤

 

 

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

 

エースカイロプラクティック

http://acechiropractic.jimdo.com/

 

【受付時間】

月~金 | 9:00~19:00

土|9:00~19:00

日・祝日|9:00~16:00

休診日|水曜 他臨時休診あり

御予約・お問い合わせ |0178-79-5447

エキテン ネット予約

 

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

 

〒039-2236

青森県上北郡おいらせ町洋光台1-4-3

 

イオンおいらせショッピングセンターから車で3分

十和田観光電鉄バス 洋光台南口バス停から徒歩30秒

 

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪