2019年4月某日。

 

吉田は録り貯めていたクレイジージャーニーを観てまったりしていた。

 

クレイジージャーニーとは、あらゆる分野の狂人 変人 専門家を密着取材する番組である。

 

その回は、アリマスター島田氏が珍しいアリを探しにマレーシアへ赴くお話だった。

 

 

 

道すがら、アリ以外の生き物もたくさん見つけるアリマスター。

 

 

その時、吉田の頭をよぎったのは、12年前オーストラリアでみた「走る草履」だった。

(その時の記事はこちら)

 

 

 

※ここからは虫の話になります。

※苦手な方はまた次回お会いしましょう

 

 

 

大丈夫ですか?

 

 

アリマスターが森の中で見つけた、巨大なゴキブリがスタジオを震撼させた。

(画像は自粛)

 

 

 

「こんなデカいのがいるんなら、あの時私が見た草履も実在するんじゃなかろうか」

 

12年ぶりに思い出した「草履」。

 

ネズミだったんじゃないかと思っていたんだけれど。

 

 

 

見つけた。

 

 

 

その名も「ヨロイモグラ」。

 

 

オーストラリアに棲息するヨロイモグラ。

体重35g、体長は8センチにもなる。

手のひらサイズでころんとした、土に巣を作る生き物だった。

日本でもペットとして買われるくらい、人気のある生き物だった。

 

 

 

ヨロイモグラ。

 

 

 

 

という名の

 

 

ゴキブリ。

 

ヨロイモグラゴキブリ。

 

こいつだったのか…

私が見たのはやっぱりゴキブリだったのか…

 

 

まさか12年越しに正体がわかるとは思いもしなかった。

野生なのか、ペットが逃げ出したのかはわかりませんが…

 

オーストラリアへお越しの方はヨロイモグラにご注意くださいね。

 

 

吉田