ネットビジネス小百科 メバルのブログ

ネットビジネス小百科 メバルのブログ

ブログの説明を入力します。

Amebaでブログを始めよう!
前々回の記事で、ある教材の購入ボタンを押したら、
その瞬間に別の教材のセールスレターに飛ばされた、
という話を書いた。

今となっては、このように冷静に考えられるのだが、
実を言うと、2つ目の教材を見せられたとき、私はそれも危うく
買いそうになったのである。

そのときの私の心理状態は、「買い」モードで、買う気満々であり、
勢いで2つ目も買ってしまうような状態であった。

この販売方法は、購買行動の心理を巧みについた策略であった
のである。

人が商品を買うときは、衝動買いがかなり多いそうである。
買う気になっても時間がたてば、買う気は薄らいでしまう。
冷静にじっくり考えさせていては、だめなのである。
商品は衝動でしか売れないとも言われる。
客を扇動し、客の冷静さを奪い、衝動買いモードにさせることが
セールステクニックの一つなのである
セールスレターはそのテクニックを駆使して書かれているようである。

読む人を衝動買いモードにさせてしまえば、販売者の思い通りに
お客さんは購入ボタンを押してくれる。
お客さんが衝動買いモードになった瞬間は、販売者にとっては
黄金の瞬間である。
この教材の販売者は、その短い黄金の時間を貪欲に活用した
のである。
1匹だけのドジョウに満足せず、2匹目のドジョウをねらった
のである。

商品の購入ボタンを押したとき、その客の心理は「買いモード」満点
になっている。ある種、興奮状態である。
その状態のときに、さらに儲かりそうな商品を見せられると、
客はさらに冷静さを奪われ、再び衝動買いをしてしまいやすくなる
のである。

こういう策略には長けている販売者である。

しかし、断りもなしに勝手に不意打ちのように、全く別のランディング
ページに飛ばすという手法はブラックそのものである。

私はなんとか、彼のブラックな「ざる」によって2匹目のドジョウは
すくわれずにすんだ。

いろんなサイト、ブログ、メルマガの中では、
ふらふらと迷い込んできたドジョウを狙って、
ブラックな「ざる」が、いっぱい待ち構えている。

私はもう1匹のドジョウもすくわれないようにしたいものだが・・・。


-追伸-

この記事を書いた後、あるブログで次のように説明されているのを
見つけました。
買うと決めた瞬間を狙って追加セールスを仕掛けられたのである。
マーケティングの常識だったのかな。
私のような情弱は、このようにプロの餌食になるのか。

-------------------------------------------------

<部分的に引用>

「クロスセル」
クロスセルは商品の購入を決定した顧客に対し、
関連商品を薦めていく提案のことです。

僕の理解する限りでは
テンション・リダクションと同じだと思っているので、
こちらのページも参考にしてみてください。

テンション・リダクションは
人間の心理に基づいたマーケティングテクニックです。

テンション・リダクションの効果とは?
人間っていうのは何かを乗り越える際には、 必ず緊張状態に
陥ります。
そしてその何かを乗り越えることができると、 一気に緊張状態が
解けてしまって非常に注意力が
散漫な状態になってしまうのです。

この注意力散漫な状態をテンション・リダクションと言い、
これをマーケティングに利用していくことで高い利益を見込める
ようになります。

このように買うと決めた瞬間を狙って追加セールスを仕掛けるのが、
マーケティングで言うテンション・リダクションになります。
----------------------------------------------------
セールスレターで言うとおりに儲かるのなら、サラリーマンなんて
バカらしくてやってられない。
サラリーマンやめる人、続出になるだろう。
起業するために社員がやめていって社員不足になったという
ニュースを聞いたことがない。
そんなに儲かるのなら、世間やメディアでもっと評判になっている
はずである。
身近な人にも儲ける人がたくさん出ているはずである。
あなたのまわりにネットビジネスで生計を立てている人はいますか?
ネットビジネスは儲かるという話をまわりの誰かが話しますか?

たくさんのノウハウのうち、仮に「1割の商材」が本当に稼げるとしよう。
そのノウハウをすぐに知る人もいれば、遅れて知る人もあるが、
そんな稼げるノウハウであるなら、このネット環境ならば、
宣伝をしなくても、ネットビジネスに取り組むほとんどの人に知れ渡る
のに、
1ヶ月くらいもあれば十分である。
そして、ネットビジネスに取り組むほとんどの人が稼げるようになって
いるはずである。
サラリーマンやめる人、続出である。
でも、そういうことはいまだに起きていない。

また、こんなことも言える。

レターで言うとおりにみんな儲かっているのなら、商材や塾のニーズは
少なくなり、客が減ってくるはずである。
最初のころは月10万で、半年後には月100万で、1年後には月200万も
稼げれば、それ以上のノウハウは自分で考えられるようになってくる
はずである。
新たに商材を買う人はいなくなり
、実績をあげた人は、販売する側に
変わるだろう。
客であった人が販売者側に移動してくる。
販売者は増え、お客が減り、情報販売の市場は飽和状態になる。
さらに時間がたてば、販売者の数と客の数の逆転現象が起きる。

そして最後には、全員が販売者となる。

そうなんです。
セールスレターの言うことが本当なら、お客は一人もいなくなるのです。


いまだに客が多く存在し、情報商材の販売市場がにぎわっていると
いう現象は、それまで売り込まれた商材や塾では儲からなかったこと
の証明なのである。

そして今日も、これこそ稼げると言っていろんな商材や塾が売り込まれ
ている。
オファーの嵐が吹き荒れている。

この嵐が静まるのは、本当に稼げる商材ができたときであろう。

そんな万能な商材ができる日は来るだろうか。

もしできたのなら、その商材名は、

「STAPアフィリエイト」 がいい。

私がプロデューサーなら、作者を若い女性にし、
「稼ぐ系女子」というブランドで売り出します。
「カセジョ」は、ちょっと言いにくいかな。
内容はもちろん、他の教材からのコピペでよい。
報酬画像も、他のサイトから転用する。

何かもっとよい方法があったらと、いつも思う。

いろいろ取り組んではみるが、なかなか成果があがらない。
ちょっとよさそうだと期待に胸をふくらませてやってみるが
すぐに壁にぶちあたる。

そうすると、なにかもっと儲けやすいノウハウはないか、
商材はないか、探してみたくなる。

メールマガジンにいくつも登録していると、嵐のようにいっぱい
オファーがくる。
あいかわらず、みんなすぐに稼げそうなことばかり言っている。

先日、こんなことがあった。

ある教材を購入した。
その教材は、この業界の人なら誰もが一度は聞いたことが
あるかなり有名なものだ。
その教材の購入ボタンを押したら、予期せぬことが起きた。
なんとボタンを押した瞬間に別の商材のセールスレターに
飛ばされたのである。
制作者は同じで、金額は2倍強のもの。

おいおい、一つ目の商材だけでは稼げないのかい。
二つ目もいっしょに紹介しろよ。
成約してから出してくるとは、客をバカにしていないか。
いや、バカだと思って売っているかも。
それでも、売れている。

もうひとつ言えば、セールスレターのページを見るボタンを
押していないのに勝手にそのページに飛ばすという行為は、
どうなのか。
インターネットの基本的なルールに違反していないか。
それが、指導者のやることか。
顧客のことをどう思っているのか。

一方、そう言う私もどうなのか。
私はいつまでたっても「学習」しないバカである。

彼のような販売者とバカな私。

この業界は、私たちのような者が大半なのだろう。

彼のような販売者は、一時的に稼げるが信用を維持していけ
ないので、長くは続かないだろう。

稼ぎ続けることができるのは、ほんのひとにぎりの本当に
賢い者だけだろうな。