単語帳革命 ~面白くなければ勉強じゃない!~

単語帳を駆使した独自の勉強法で偏差値50以下の高校から早稲田大学に合格した経験を持つ筆者が、猛禽類のような鋭い目つきであれこれ熱く語るブログ

体験入塾のお申し込みは↓こちらのメールアドレスからどうぞ!
yamato_heros@yahoo.co.jp


テーマ:

 Yahoo!ニュースで、とても素敵な記事を見つけました。

 

 ベトナムの国立交響楽団で16年間指揮を執っている、本名徹次さんという日本人の方について紹介している記事です。

 

https://news.yahoo.co.jp/feature/770 

 

 本名さんは、何故ベトナム国立交響楽団に惹かれたのかという問いに対し「きらきらした輝きを持つ不思議な音が聞こえてきた」と答えています。

 

 本名さんの言葉を読んで感動するとともに、私は昔のバイト仲間であるY君のことを思い出しました。

 

 Y君は大学生の頃から世界を放浪するのが好きで、特にアジアをバックパック1つであちこち回って、安い宿で出会った様々な国の人達と仲良く酒を酌み交わすのが好きという、ワイルドな奴でした。

 

 全く気取りが無い奴なので、私も彼の人柄がとても好きで、「髪、自分で切ってるんですか!?今度、俺の髪も切って下さいよ」などとお願いされ、私の家で髪を切ってあげたりしていました。

 

 大学を卒業したY君はシステム・エンジニアになったのですが、最初に赴任したのがベトナムだったのです。私はそれを知ったとき、適材適所とはまさにこのことだな、と思いました。

 

 その後、彼はベトナムで出会ったベトナム人の女性と結婚をしました。

一時帰国した際に私の家に遊びに来てくれたのですが、そのときに彼は、お土産としてライチをくれました。そのライチが、なんだか「さっき収穫したばかりです」という感じで、枝に付いたままだったのです。

「おお~!これは新鮮そうだなあ」と感激していると、Y君が「それは、妻が空港に送りに来てくれたとき、『お友達に渡して下さい』と言って、くれたものです」と説明をしてくれました。

 

 Y君が言うには、奥さんはベトナムでもものすごく田舎の方の出身で、実家に行ってみたら、川が流れている以外、周りには何も無いようなところだった、と。Y君と離れるのが寂しくて、空港で奥さんが泣いていたという話も聞いて、Y君の純粋な人柄をよく知っていた私は「お似合いの、素敵な夫婦だな」と思いました。

 

 ベトナムにも日本で言う歌舞伎町のような場所があり、皆が純朴というわけではない、というような話もY君はしてくれました。どこの国でも、それは同じだと思います。

 

 しかし私はYahoo!ニュースで本名さんの「きらきらした不思議な輝きを持つ不思議な音が聞こえてきた」という言葉を読み、空港で泣いていたというY君の奥さんのことを思い出しました。

 

 ヘレン・ケラーは、サリバン先生について「先生が来てくださってから、私の周囲のあらゆるものは愛と喜びを呼吸し意味に満たされていきました」と自伝で書いています。

 

 ベトナム国立交響楽団にとっての本名さんは、そのような存在なのかも知れません。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

つるTさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。