メルセデスベンツA180修理とBMW320d修理。 | ヤマグチモーターサービス

ヤマグチモーターサービス

四国香川県三豊市の車屋です
創業45年 田舎の小さな店ですが精一杯やってます

トルコン太郎設置店
ペトロナス正規取扱店
ロイヤルパープル正規取扱店
SOD-1正規取扱店

お問合せはフォームよりお願いします。
https://yamaguchi-motorservice.com/contact/

県内業者様からのヘルプで預りのA180、エンジンチェックランプ点灯と不調。

数か月間、数か所の業者をクルクル回ってうちに流れ着いた様子。

いままでお取引の無い業者様からの依頼でして、うちの様な場末の工場に回ってくるとは藁にもすがる感じなんでしょうけども、この頼りない藁はお力になれるのか。

 

 

問診をすると色々と問題がありそうですが、予断になっては沼るので参考程度に。

とりあえずの診断機。

普段はAUTELかLAUNCHの汎用機を繋ぎますが、いやな予感しかしないので純正機を繋ぐ。

 

 

なんやかんやと拾いますが、とどのつまりミスファイア、失火です。

エンジンの振動も酷く、ゆっくり動かすのが精一杯なので複数本が仕事しない様子。

ただこれがプラグやコイルならうちに来るまでに完治しているはず。

 

 

失火の原因はいろいろ考えられられるので切り分けていく。

うちの代車のBクラスにドナーになってもらいましょう。

 

 

とりあえず失火のコイルを入れ替えてみようと手をつけますが

うーん・・・うーん・・・ボルトが無い所がちらほら。

再使用不可のホースクリップを再使用して止まってない所もちらほら。

こういうのを放置すると最終作業者のうちだと思われるのが嫌なんですよね。

しかしながら今回は先方様の要望でスルー、車両返却後に必ず直してとお伝え。

 

 

プラグとコイルを入れ替えても変わらずなので、燃料や圧縮をずらずらっと見る。

なんかおかしい。

 

 

この後もずらずら見て行きますが、そろそろこいつが怪しくなってきた。

 

 

ドナーB180のECUに患者A180の記憶を書き込む。

 

 

ここから画像が無いですが、結果はやはりECU不良。

中古ECUを取り寄せてクローン作製して依頼分はとりあえず完了。

他にもいろいろ問題があるので対処方法をお知らせして引渡しとなりました。

 

 

エンジンチェックランプ点灯と加速不良でレッカー引取のBMW320d。

引取とレンタカーは保険が降りますのでユーザー様の負担なし。

うちの積載車ですが、走行距離が250,000kmを越え、ご覧の通り荷台にも錆が。

1年前に新車を注文しているのですが未だ来ず、あと1年かかるみたいです。

もうしばらく頑張ってもらいましょう。

 

 

EGR周りのエラー。

 

 

EGRクーラーを降ろさなくともバルブだけ外れそうですが、奥側のボルトがやっかい。

 

 

このロングで届かなかったので、ちょっと工夫して取り外し。

 

 

新品のEGRバルブを取り付ける時はリフトを取付位置にしないと破損する場合有り。

 

同時に修理依頼のエアコン不良はガス漏れでパイプとエキパンを交換。

 

 

さらに同時修理依頼の加速時異音。

最初はどこから鳴ってるのかわかんなかったけど、リフトアップ点検で判明。

サイドブレーキワイヤーが遊んでプロペラシャフトに当たってる。

中央付近の黒線が干渉跡。

 

 

すんごい外しずらいブラケット、左右ともホールドが割れてる。

 

 

主原因ではないけれど少し音が出ていたハイマントカバーのクリップも交換。

 

 

ありがとうございました。