MB C200SW(S205) ATF交換 | ヤマグチモーターサービス

ヤマグチモーターサービス

四国香川県三豊市の車屋です
創業45年 田舎の小さな店ですが精一杯やってます

トルコン太郎設置店
ペトロナス正規取扱店
ロイヤルパープル正規取扱店
SOD-1正規取扱店

お問合せはフォームよりお願いします。
https://yamaguchi-motorservice.com/contact/

メルセデスベンツC200ワゴンのATF圧送交換とエアコンリフレッシュ、

数か所コーディングの依頼をいただきました。

 

 

なんと神戸から、遠い所をありがとうございます。

 

 

アンダーカバーを外して、ATドレンから抜き取り。

オーバーフローを兼ねているのでこの時点ではほとんど抜けません。

 

 

特殊工具でオーバーフローパイプを打ち抜きます。

 

 

補助オイルポンプを外して、コンバーターが見えるようにしてから

クランクを回転させ、コンバータードレンからも抜き取ります。

オイルパンとコンバーターで容量の90%くらい抜けます。

 

 

コンバーターから抜けるのは少し時間がかかりますが、きっちり抜いて

ドレンボルトを交換して締付。

 

 

 

オイルパンを外しました。

 

 

ストレーナーは真っ黒です。

 

 

新旧比較。

 

 

外したオイルパンの磁石も鉄粉飽和状態。

 

 

洗浄して、新品のフローパイプとガスケットを装着、準備完了。

 

 

ストレーナーを外したバルブボディ。

 

 

取り外しました。

ちょっと失敗すると数十万円の弁償が待っているので慎重に。

 

 

バルブボディ内部に残っているATFを排出。

 

 

ソレノイドバルブを外して行きます。

 

 

全部洗浄。

 

 

VGSコネクタ部のOリング交換とガイドパイプ交換。

 

 

準備完了で再使用不可のアルミボルトを交換して取付。

 

 

オイルパンの取付ボルトも再使用不可です。

詳細は省きますが、この722.9型ATのオイルパン取付方法は優れもの。

他メーカーさんもこの方式にすればいいのに、といつも思います。

 

 

ちょっと特殊な接続でトルコン太郎を準備。

 

 

結構な量が抜けて入れ替えているので、早めに色味が綺麗になります。

 

 

調整指定油温を待って、オーバーフロー。

 

 

新品のドレンボルトをガスケットで締付、完成です。

 

 

エアコンリフレッシュ。

 

 

リフレッシュしている間にコーディング。

タッチウィンカー点滅回数をデフォルトの3回から5回へ変更。

DRL有効化と、あとはゴソゴソ・・・。

 

 

ありがとうございました。