日産エクストレイル(DNT31) ATF交換他 | ヤマグチモーターサービス

ヤマグチモーターサービス

四国香川県三豊市の車屋です
創業45年 田舎の小さな店ですが精一杯やってます

トルコン太郎設置店
ペトロナス正規取扱店
ロイヤルパープル正規取扱店
SOD-1正規取扱店

お問合せはフォームよりお願いします。
https://yamaguchi-motorservice.com/contact/

県内からお問合せご来店いただきました、エクストレイル。

ディーゼルEG+6ATのモデルで走行距離約184,000kmです。

 

 

お問合せいただいた内容は、ATFの交換とエアコンの修理。

エアコンは風が出ず、ディラーさんへ持っていくと足元を叩けと言われたとの事。。。

ディラさん、もうちょっとちゃんとして。

 

お預かりして、ヒーターONでも風が出ません、足元を軽くたたいてみましたが出ません。

コイツをコンコンしてみましたが出ません。ライン電圧は確認。

 

 

外して単体試験、NG。ASSY交換となりました。

 

 

ATF交換に移ります。

搭載されているATは少し特殊で、オイルパン縦置き型で、ストレーナーの交換は出来ません。

縦型なので外す意義が薄いと思い、圧送交換のみを行います。

ドレンアウトですが、オーバーフローを兼ねているのであまり出てきません。

 

 

オーバーフローチューブを外すと、真っ黒なATFが出てきます。

 

 

トルコン太郎との接続ですが、他車両と比較して難易度高めです。

 

 

なんとか接続して、交換開始。圧送交換のみですので2セット回しました。

 

 

接続を解除しますが、カバーのクリップが止まっていない所があったので合うもの探して固定します。

アンダカバーは1本のボルトも無く、全てクリップ止めなのですが、半分以上の箇所で

止まっていなかったり、割れていたりしており、走行中に落下すると非常に危険なので

クリップを全数交換しました。

落下防止の為、通常は数本はボルトなんですが、そのあたりどうなんでしょうか。

 

 

調整指定油温にして

 

 

オーバーフロー、完了です。

 

 

 

走行中の振動が凄い、との事で引取に伺ったダイハツタント。

 

 

タイヤの変形が凄い。これパンクしている訳では無く、規定より低いですがエアーは入っています。

タイヤが古いのと、低めの空気圧での走行で内部のスチールベルトが断裂しています。

あと少しで破裂するところでした、危機一髪。

 

 

梅雨時期のスリップ防止と、その後の路面温度上昇に備えて、タイヤの点検をお忘れなく。