アルファード(ANH20W) CVTフルード交換 | ヤマグチモーターサービス

ヤマグチモーターサービス

四国香川県三豊市の車屋です
創業45年 田舎の小さな店ですが精一杯やってます

トルコン太郎設置店
ペトロナス正規取扱店
ロイヤルパープル正規取扱店
SOD-1正規取扱店

お問合せはフォームよりお願いします。
https://yamaguchi-motorservice.com/contact/

県内よりご来店いただきました、平成22年式トヨタアルファード。

走行距離約165,000km、CVTフルードを交換します。

 

 

オイルパンの脱着に邪魔になるアンダーカーバーとフレームを先に外します。

整備書ではフレームの脱着は2GRエンジンの場合となっていましたが

2AZでも脱着が必要でした。

 

 

ドレンから抜き取り、真っ黒です。

フルードの劣化に対しては、ATよりCVTの方が厳しい印象を受けます。

早めの交換を。

 

 

外したオイルパン。

 

 

磁石に付く鉄粉は飽和状態で、磁石すぐ上のストレーナー部分が磁化したのか

氷柱状に鉄粉の塊が。

 

 

ストレーナーも限界でしょう。

 

 

新旧比較。

 

 

洗浄、かなり酷いので念入りに。

 

 

オイルパンも綺麗に洗浄して、取付。

 

 

トルコン太郎と接続します。

 

 

真っ黒から、徐々に赤透明に。

 

 

交換直後は油温が高すぎるので、レベル調整指定温度まで冷えるのを待ちます。

日帰りですので、強制空冷。

 

 

待つこと数時間。

 

 

非接触温度計は目安ですので、診断機を繋いで、指定温度まで上昇させます。

 

 

オーバーフロー調整して完成です、ありがとうございました。