ミラジーノ(L700S) | ヤマグチモーターサービス

ヤマグチモーターサービス

四国香川県三豊市の車屋です
創業45年 田舎の小さな店ですが精一杯やってます

トルコン太郎設置店
ペトロナス正規取扱店
ロイヤルパープル正規取扱店
SOD-1正規取扱店

お問合せはフォームよりお願いします。
https://yamaguchi-motorservice.com/contact/

平成16年式ミラジーノ(L700S)、走行距離約104,000km。

以前、ATF交換をさせていただいたお車です。

その時にもお伺いしていたアイドリング不調の修理と、ショックアブソーバ交換、

エンジン冷却水漏れとエンジンオイル漏れの修理を依頼いただきました。

 

 

ショックアブソーバ交換から始めます。こんな感じで2段リフトで持ち上げます。

 

 

ショックアブソーバーを始め、ゴム類ブッシュ類は総取替です。

 

 

リア。

2段リフトからさらにジャッキングビームでアクスルを支えます。

 

 

外したショックアブソーバーは左右とも完全に抜けていました。

 

 

色々交換して

 

 

指定トルクで締付ていきます。

 

 

フロント。

 

 

アッパーマウントはガタ有り、ショックはリアよりは少しマシくらい。

 

 

ナックル締付部のボルトは再使用不可です。

 

 

ロアアームとスタビライザーのブッシュも交換。

 

 

リフト上で仮締めして

 

 

リフトダウン後、前後に動かせたのち、指定トルクで。

修理完了後に試走後、もう一度トルク管理をしています。

 

 

アイドリング不調。

原因は前回の調査で判明しているのでISCV交換します。

その前に念のため、スロットルポジションセンサーの点検。

 

 

スロットルボデーを

 

 

外して、ISCVを

 

 

外す。

 

 

交換後、ハンチングは直ったものの、なにやらドコドコドコドコ。

2番が不調みたいなので、2番と1番のコイルを入替。

ちなみにスパークプラグは異常なし。

 

 

ユーザー様がインターネットで購入したばかりのコイル。

メーカーも品番も無い。ご相談の結果、交換。

 

 

冷却水漏れ。

 

 

オイル漏れ。

 

 

硬化してパキパキ。

 

 

仕上げはエンジンフード裏のスポンジテープ

 

 

その他、いろいろ点検調整交換しています。

高額修理をお任せいただき、ありがとうございました。