スズキ ハスラー(MR31S) ATF交換 と 少し宣伝 | ヤマグチモーターサービス

ヤマグチモーターサービス

四国香川県三豊市の車屋です
創業45年 田舎の小さな店ですが精一杯やってます

トルコン太郎設置店
ペトロナス正規取扱店
ロイヤルパープル正規取扱店
SOD-1正規取扱店

お問合せはフォームよりお願いします。
https://yamaguchi-motorservice.com/contact/

徳島県からご来店いただきましたスズキハスラー。

平成26年式、走行距離約123,000km。ATF圧送交換をご依頼いただきました。

 

 

ドレンアウト、スズキは緑のフルードの筈ですが抜けたのは赤。

 

 

外したオイルパンとストレーナーは汚れがひどく、磁石も飽和状態。

 

 

オイルパンを洗浄してストレーナーは交換。

 

 

CVT外部フィルターも交換します。

このフィルターは正規ルートでは部品供給がありません。

部品図でもフルタケースやそのOリングはあるのに、中のフィルターが存在しません。

うちでは取引先から入手可能ですので、ご依頼ください。

 

 

 

手前のオイルポンプを外して、フィルターを交換します。

 

 

予想通り真っ黒でした、使用限界ですね。

 

 

すべて元通り組付け後、トルコン太郎を接続するのですが、こちらはフルードラインの無い

いわゆる密閉式CVTですので、アタッチメントの取付が必要になります。

ところがアタッチメント取付のスペースがとても狭いです。

無理に脱着を行うと周りを傷つける可能性もありますので、色々外してスペースを確保します。

 

 

いろいろ外しました、そして接続。

 

 

スタート。

 

 

新油は緑で、旧油が赤でしたので若干の色味が残りますが透明で綺麗になりました。

 

 

オイルポンプを外したので、スキャンツールでエア抜きをします。

これをやらないと走行中振動が起こります。

 

 

フルード油温を上昇させてレベルチェック、完成です。

ありがとうございました。

 

 

ここからは少しCMをさせてください。

次第に暖かくなり、これから春そして夏を迎えます。

今年の夏も高温多雨との予想ですが、車内は快適に過ごしたいですよね。

夏本番を迎える前に、しっかりとした間違いのないカーエアコンのメンテナスを提供したいと思い

以前より検討していたカーエアコンサービスステーションの導入を決定しました。

 

中途半端なものは要らないので、一歩進んだサービスをと志す同業者のライングループでも

話題になっていた現状最高峰の機器です。

 

 

機器説明を兼ねたエアコンメンテナンスのオンライン講習会にも参加しました。

小型車がフルオプションで買えるくらいの値段なので、やはり実物動作が見てみたい。

お付き合いのある松山市のショップが、1か月ほど前に導入してバリバリ稼働中なので

お邪魔して施行していただきました。

 

 

3割以上もガスが減ってました。

 

 

4月1日より稼働開始予定、ご予約承ります。

カーエアコンメンテナンスの詳しい説明はまた後日させていただきます。