真夜中の魔法は
叶いやすい✨✨










眠れぬ夜には、






幼い頃に読んだ

おとぎ話





あなたは、覚えていますか?






「人魚姫」


アンデルセンの童話



ハンス・クリスチャン・アンデルセンによる本


あるところに海に住む人魚姫は

美しい人間の王子

恋をしてしまう。

海に放り出された、王子を浜辺へ助けましたが、


人間の女性が

王子に気が付き連れて行ってしまった。


人魚姫は、魔女に、声と引き換えに

人間の足に変える飲み薬を貰う。 


その時に


「王子に愛を貰うことが出来なければ、

姫は海の泡となって消えてしまう。」と

警告を受ける。

  

更に人間の足だと歩く度に

ナイフで抉られるような痛みを 

感じるとも言われましたが…

薬をのんた。

 

人間の姿で倒れている人魚姫を

見つけた王子が声をかけるが、


人魚姫は声が出ない…。


その後、王子と一緒に宮殿で


暮らせるようになった人魚姫であったが、

声を失った人魚姫は

王子を救った出来事を話せず、


王子は人魚姫が命の恩人だと気づかない。

          


王子がいいました、

どうしても、結婚しなければならないとしたら

あの日の彼女に瓜二つの

✨『お前と結婚するよ。』✨

人魚姫に告げた。


隣国の姫君との縁談が持ち上がるが、

その姫君こそ 

王子が想い続けていたあの日の彼女でした。



悲嘆に暮れる人魚姫の前に

姉が現れ、 

魔女に貰った短剣を差し出し、

王子の流した返り血を浴びることで

人魚の姿に戻れるという

魔女の伝言を伝える。




眠っている王子に短剣を構えるが、

隣で眠る姫君の名前を呟く王子の寝言を聞く。

手を震わせた後

ナイフを遠くの波間へ投げ捨てると、

海はみるみる真っ赤に染まった。

人魚姫は愛する王子を殺すことと

彼の幸福を壊すことができずに死を選び、

海に身を投げ、

王子の愛を得られずに

泡になってしまう。


彼女は消えてしまったわけではなく

風の精(空気の精霊)に生まれ変わり、

泡の中から

どんどん空に浮かび上がっていった。







大人になってから
読む
お話しは、
違って感じる事もある。





子供の頃は、ただ、ただ、
悲しく切なく、
涙のお話でした、








大人になってからは
思う事は







✨『諦めないで欲しかった』✨

です。




行動の先の未来は

ミラクルは起きたかも?と









物語は、
色々なメッセージを
届けてくれますね✨







眠れぬ夜に
あなたに優しい
魔法をかけます🧙‍♀️🍊






あなたは、
 
✨✨『諦めないでね』✨✨







ハッピー未来予言
みかん🍊





















       


大切なものは
手放してはいけません。


🍊✨






みかん色の光を込めて✨✨✨