金曜日です。
今日は昨日までの疲れ(体調不良)があったので、1日事務作業に徹しました。
と言うことで、あまり変わった動きもありませんでしたので、少し雑感を話したいと思います。
最近は「人手不足」「人材不足」といった声が非常に多く聞こえてきます。転職マーケットも賑やかですね。売り手市場です。

(東京駅の中にあるプレスバターサンド♫)

これ、どういうことなんでしょうか。僕が思う仮説ですが、大手企業においての場合と、中小企業においての場合で理由が異なる気がします。(もちろん、すべてというわけではないですよ。)
理由が多々あるでしょうがありがちなものとして、近くにネガティブな発言をすることが多い人間(上司や先輩、同僚)が多くいると気が滅入ってきて、嫌になってやめてしまうのではないかと思うのです。

(俺むちゃくちゃ美味しい。おいしすぎる♡)

特に中小企業の場合、自分のポジションを守るのに必死で、営業成績があげられない人間は、何とかその理由を見つけようとします。「市場が悪い」「会社が悪い」「幹部が悪い」最悪なケースとしては「お客が悪い」などとのたまう輩まで出てくる始末。要は自分以外に、ダメな理由を持っていくのです。そうしないと自分を否定してしまうことになるからです。こういう人間がたくさんいる会社だと、入ってはみたものの全くやりがいやモチベーションを維持する方法がわからなくなってしまうのではないでしょうか。
やはり刺激をもらえるような強いメンタリティーや、営業スキルをもった上司や先輩、メンバーが多ければ日々高いモチベーションで取り組んでいけるんだと思います。
どうかそういった会社を、今の若い人たちには見つけて欲しいなと思います。
最近、転職マーケットについて思ったことでした。