まずは信頼の方からアプローチです。
信頼構築に必要な考え方とスキルどーぞ。

■信頼を生み出す人になる
信頼される人になると共に、
信頼する人になる。
両方ができるようになってはじめて信頼を手にすることができる。


・自己開示する
人が人を信じるときは「この人は自分をだまさない」という前提がある。
その前提の上に、どのように何を信じるのか?という設定がある。

自分自身を生きていない人ほど信頼を得ることは難しい。
(信用は得られる)

信頼には自己開示が不可欠。
(ワーク:それぞれのワーク。自分がどのように開示するか&どう開示してもらうか)
  ・さばさばしている 表裏がない(何考えているかわからない→不振を呼ぶ)
  ・明るい
  ・本音言う ウソがない
  ・裏表がない
  ・誰の前でも同じ態度 人によって態度を変えない(自己確立)
  ・安定感がある(精神的安定、情緒。切れたり動じたりしない→感情について)
  ・真摯である
  ・人と真剣に向き合う
    逃げない
    見捨てない
    その人の本来を信じる
    悪い人はいない前提
    自分の知覚内で判断しない
    ただ受け入れる
    理解しようと努める
  ・自分の人生に責任を持っている

私が自分も相手も信頼している 信頼している(だいじょうぶだと思っている)人である
単純に普通に清潔である(清潔でない信頼は起こりにくい)
全うにやっている(自分自身としてやっている。それ以外で信頼は作りにくい)
自分にウソをつかない(ウソ込みの信頼は作りにくい)

明日からもまだまだ続きます!


 

【連載コラムの目次はこちらからどうぞ】
リンク
【コラム目次】一人踊るシリーズ