今日は株安、商品小高い。
今晩はFOMC議事録。


取引序盤はリスク選好の展開であったが、
米政府が「ウイグル人弾圧に関与した中国人へのビザの発給制限を導入」
との報を受けてリスク回避の展開。
10日からの米中貿易協議への楽観的な見方が後退する形となっている。


金相場も1500ドルを挟んでの往来。
再び高値更新も期待出来る状態にあり、
今は売り仕掛けるには難しい。
もう一度高値更新の可能性が高いと考えているため、
じっくり仕掛け場所を待つこととしたい。


方針は変わらず様子見。


大木康弘