今日は株高商品小安い。


米消費者物価指数が予想より良い内容であったため、
ドル高円安、株高商品安。
大きな流れに変化はないものの、
日々上下変動激しい展開となっている。


方針は変わらず様子見。
金がこのままFOMCまで
上昇してくれれば売り狙いたいところ。
未だ上値の余地はかなりあると見ているため、
じっくりその時を待つこととしたい。


大木康弘